シラネアオイの育て方

MENU
TOP>キンポウゲ科>シラネアオイ

シラネアオイ(白根葵・山芙蓉・春芙蓉)

nophoto
科名キンポウゲ科
属名シラネアオイ属
学名Glaucidium palmatum
別名白根葵・山芙蓉・春芙蓉
みずやり水を好む
場所季節による
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

高山の植物で夏の暑さに弱い。暖地や平地で育てるのは難しい。山野草です。山野草の中では人気があります。林の中に草丈30cmか40cm程度の背の低い植物。その小ささの割りに大きな花を咲かせます。
生育サイクル
春に花が咲いて、花が終わってから夏を越します。夏に地上部が枯れてしまうと翌年の開花は厳しいです。秋には葉が黄色くなって、冬には落葉。地上部が無い状態で冬を越して春に新芽が出て開花します。
●むつかしい。一発でうまくいくとは思うべからず
スポンサードリンク

水やりと肥料

若干湿度の高い状態を好みますが、それでも多湿にすると腐って枯れてしまいますから、水のやりすぎには注意です。土が乾いていたら水をやるようにします。鉢植えの場合は、鉢底から水がしっかりと出るまで水をやってください。受け皿の水は捨てるようにしてください。
●水切れすると葉先から枯れてきます
●春の開花中は花に水が掛からないように根元に水を注ぎます。花に水が掛かると、花がすぐに萎んでしまいます。
●夏は蒸発が激しいので、乾燥し過ぎないようにします。夏は葉っぱにも水を掛けるようにしてください。
●冬は水やりを控えます。大体最高気温が20度を切ったら水を控え始め、冬は土が乾いたら、ちょっと水を足す程度にします。
●冬は地上部がなくなってしまいます。でも地下では生きているので水やりは忘れないようにしてください。
肥料
花が咲き終わった後に肥料を。また秋に肥料をやります。肥料は緩効性化成肥料です。夏と冬は肥料をやらないでください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は山野草の土を利用します。もしくは日光砂5鹿沼土赤玉土2を混ぜたものを使います。山野草の専用土を使うのが安上がりです。土はなにより水はけが優先です。

春に植え替えをし、株が大きいなら株分けもします。あまり小分けにせずに、分かれそうなところで自然に割きます。切り口には殺菌剤を塗っておきます。

管理場所・日当たり

夏は日陰へ
春は日当たりを好むものの、真夏の暑さと直射に弱いです。北海道で自生しているくらいですから、寒さは問題なし。問題は夏。夏に枯れるのがよくあるパターン。夏に涼しい寒冷地では、栽培が比較的簡単になります。
●春と秋は日当たりか半日陰。最近は秋も暑いので、注意。
●春は直射日光に当てないと株が弱ります。春は日当たりか半日陰で。春も日陰においていると、来年は無くなっているかも。
●夏の直射日光と高温で枯れてしまいます。風通しのよい日陰で管理します。もしくは50%~80%も遮光します。
●冬は土が凍らない場所で管理してください。
●冬になる前に、株元を見てください。もしも土にすぐ根が見えるようなら、土が足りていません。寒さに強いとっても、直に強い霜が当たれば枯れてしまいます。土を被せて根を守ってください。

その他

ナメクジ、ヨトウムシ、ネグサレセンチュウ、ダンゴムシ、ヤスデ、ナメクジやヨトウムシが発生。ダンゴムシは結局、葉を食べます。

特徴・由来・伝承

日光白根山に見られて、タチアオイに花が似ていることから「白根葵」となった。自生地は別に白根山に限らず北海道から本州の高山に生えています。地域によっては絶滅危惧種。自生地で数が減ったのは盗掘のため。日本原産。

キンポウゲ科とする場合と、シラネアオイ科で独立させる場合もあります。花びらに見えるのは顎片。花びらは無い。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キンポウゲ科の仲間


キンポウゲ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用