ディスキディアの育て方

MENU
TOP>ガガイモ科>ディスキディア

ディスキディア(フクロカズラ、カンガルーポケット、ミリオンハート)

nophoto
科名ガガイモ科
学名Dischidia
別名フクロカズラ、カンガルーポケット、ミリオンハート
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度上級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ガガイモ科の熱帯植物。観葉植物。常緑。落葉したら根腐れを疑う。冬の寒さに枯れることが多いが越冬できないことも無い。
まとめ
●寒さに弱い
●夏の直射日光には焼ける

水やりと肥料

高温多湿を好みますが、土への水やりは控え、葉への葉水で給水するほうがいいです。もともと乾燥に対応した植物で、乾燥に強い反面、過湿(この場合、土がジメジメしていること)には弱い植物です。
水やり注意
土への水やりは、土がカラカラに乾いてから水をやるようにします。水遣り頻度が多いと根腐れします。水やりには土中のゴミを排出する意味もありますから、水をやるときは、底から水が出るくらいにしっかりとやります。やるときはドバっと。やらないときは一切やらない。メリハリが大切です。
●ディスキディアはツルになっているので、縦長の鉢に植えられていることが多いです。(お洒落って意味で)格好はいいのですが、土中の水が蒸発しづらく、表面的に乾いてても、鉢の中の土の中心部分ではしっかりと水分が残っているということがよくあります。対応としては鉢を持ち上げて、重さで判断するというものがあります。ただ、慣れないと判断が難しいかも。縦長鉢のときは水は更に控えめにしましょう。
葉水を
葉っぱに霧吹きで水を掛けてあげます。葉っぱから水分を吸収するからです。特に冬場はディスキディアの生育が鈍り、土から水分を吸い上げる力が落ちる上に、気温が下がって蒸発量も減ります。土に水を沢山やっていると、確実に根くされを起こします。かといって、水を控えすぎても、冬は空気が乾燥する季節ですから、シワシワになって枯れてしまいます。そこで、霧吹きで葉っぱに水を供給することで乾燥を防ぎ、根腐れを避けることが出来ます。
●葉水は一年中やります。
●ディスキディアは熱帯雨林の多湿環境で生育する植物で、空気中の水分を葉っぱで吸収します。
肥料
真夏をのぞく生育期に液体肥料をやるとよく生育します。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は、多肉植物の土を使います。

乾燥させると葉から発根して、千切れやすくなります。これを土に挿していると株が増えます。増やすのは簡単です。挿し木も5月以降の夏までに行います。

管理場所・日当たり

冬は室内へ
耐寒温度は5度と書いているサイトもありますが、実際にはもっと弱いです。8度以下にはしたくないです。戸外での越冬は不可。室内の暖かい場所で管理します。人が昼間に生活している場所は夜中でも暖かいです。出来れば日当たりで管理します。
夏は直射を避ける
夏は直射日光を避けます。室内で管理している場合でも、カーテンで遮光するなどしてください。そのほかの季節は出来るだけ日当たりか半日陰で管理します。

特徴・由来・伝承

流通するときはカンガルーポケットのほうが多いような。オーストラリア原産。熱帯雨林の木に張り付いて生育しています。寄生ではなく、単に張り付いているだけです。
ディスキディアは葉っぱで、熱帯雨林のジメジメした空気中の水分を吸収することが出来ます。根にも水分を吸収する力がありますが、ディスキディアの体を固定する役割が大きいです。つまり、他の植物と同じように根で水を吸い上げていると考えていると、根腐れの原因となるってことです。
●ディスキディアは着生植物で土に深く根を張る必要が無い。縦長の鉢に植えていることがありますが、あんなに深い鉢は本当に無駄。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ガガイモ科の仲間


ガガイモ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用