スコパリアの育て方

MENU
TOP>ゴマノハグサ科>スコパリア
スポンサードリンク

スコパリア

スコパリア
科名ゴマノハグサ科
学名Scoparia
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

常緑多年草。冬越しもできなくも無い。流通しているスコパリアは暑さと多湿に強くなっている。使いやすいです。画像はスコパリアのリトルチュチュ(レモンミント)です。
摘芯はしたほうがいい
スコパリアは枝分かれもしやすいので、摘芯をしないといけないというほどではないですが、やっぱり摘芯・切り戻しをしたほうが花が多くなります。

水やりと肥料

土が乾いて居たら水をやります。過湿に強いように品種改良がされていますが、それでも常時ジメジメしている根腐れしてしまいます。
真夏は蒸発が激しく、乾燥してしまいます。鉢植えにしているならば、朝と夕方の二回、鉢底から染み出すくらいにしっかりとやります。
肥料が必須
初夏から秋まで花が咲くので、植え付け時に混ぜている(市販の培養土には最初から配合されている)肥料では不足してしまいます。開花する期間は一週間に一回は液体肥料をやるか、一ヶ月に一回緩効性固形肥料をやってください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販している花と野菜の土で植え付けをします。自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。庭植えする場合は、水はけがよい肥沃な土を好みますので、堆肥を混ぜるなどします。
寄せ植えされることが多いですが、他の植物に比べると生育が早く、大きくなるので、適宜、刈り込むか、最初からスコパリアだけで育てたほうがいい。

管理場所・日当たり

日当たりでないと開花が減ります。暑さに強いので、日当たりで管理します。真夏はさすがに高温で元気がなくなりますが、枯れることはありません。

霜に当たれば枯れてしまいます。土が凍れば枯れてしまいます。軒下で霜に当たらない場所であれば、越冬も可能です。越冬すれば来年も花を楽しめます。
スポンサードリンク

その他

リトルチュチュ(黄色い花)
ブルーメロン(青い花でメロンの香りが)
レモンミストはリトルチュチュと同じもの

特徴・由来・伝承

花が小さく、目立ちはしませんが花期が長く、他の植物と合わせやすい。育て方に特殊なものは無いです。春から秋に掛けて育てる園芸植物としては極々普通。そして頑健で育てやすい。ただし、他にもっと目立つ園芸植物があるので、スコパリアは優先順位がどうしても低いです。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ゴマノハグサ科の仲間


ゴマノハグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用