ヒメシャガの育て方

MENU
TOP>アヤメ科>ヒメシャガ
スポンサードリンク

ヒメシャガ(姫射干、姫著莪)

nophoto
科名アヤメ科
属名アヤメ属
学名Iris gracilipes A. Gray
別名姫射干、姫著莪
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

斑入りのヒメシャガは花が咲いていない時期も綺麗。冬は地上部が枯れます。草丈が低く、日陰で育つので、小さくまとめたいなら非常に便利。庭植えすれば、手間が掛からない。
まとめ
●強い日差しに弱い。半日陰か日陰が適地
●乾燥注意。ヒメシャガの用土水はけが良いものを使うので余計に夏に水切れしやすい。
●花が終わったら、花は切る

水やりと肥料

庭植えにした場合は、根付いてさえしまえば、真夏の乾燥時期以外は水をやる必要はありません。鉢植えの場合は、水切れしないように水やりをしてください。ヒメシャガは湿った場所を好み、乾燥が苦手です。水が切れないように土が乾いてきたら水をやるようにします。特に真夏は注意します。
●真夏にどうしても乾燥してしまう場合は、日当たりの悪いところに移動させましょう。
●冬は地上部が枯れますが、根は生きています。水をやらないで居ると枯れてしまいますので、カラカラにならないように注意してください。
●植え替え・植え付けに適した時期は新芽が出る前。根が動き始める前に。

植え付け・植えかえ・種蒔き

二年に一回は植え替えを。用土は山野草の土が色々とそろえるよりは結局安上がりで楽です。自作する場合は鹿沼土4・軽石2・赤玉土4を混ぜたものを使います。
鉢植えは深くなくてもいいです。浅い平べったいものでも。植え替えのときに株分けもします。強い植物ですからサクっと分けて大丈夫です。
増えすぎ注意
繁殖が早いというわけではないですが、横へと広がる性質で、気を抜いていると他の植物のエリアへと侵食します。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

明るい日陰か半日陰で育てます。さすがに日陰だと花色が悪くなりますので半日陰が好ましいです。ですが、日陰でも生育します。強い日差しには弱いので、5月以降に日向で管理するならば50%以上の遮光が肥料です。
冬は地上部が枯れる
冬の寒さには強いです。北海道でも成育するくらいですから心配ありません。地上部が無くなるので、鉢植えの場合は、水やりを忘れないようにしてください。

その他

花は切る
花を放置していると種子が出来ます。種子からは新しい株が出来るのですが、種子を作ると株に負担がかかり、弱ってしまいます。
種子を取らないなら、花が萎み次第、切ってしまうのが良いです。

特徴・由来・伝承

草丈は低い。30cm以下。シャガは常緑で冬を越すが、ヒメシャガは冬には地上部が枯れる。シャガよりも花が小さく花色も違う。シャガと違って葉に光沢が無い。北海道南部から九州に自生する植物。自生種は絶滅危惧種。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

アヤメ科の仲間


アヤメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用