ゴーラム(宇宙の木)の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>ゴーラム(宇宙の木)

ゴーラム(宇宙の木)

ゴーラム(宇宙の木)
科名ベンケイソウ科
属名クラッスラ属
学名Crassula portulacea f. monstrosa
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

成長が遅いので、変化を楽しむものではありませんが、室内の日当たりでも十分長期間育てられます。初心者向け。枯らすとしたら「水のやりすぎ」。初心者は水やりの頻度を掴むことから。
●乾燥に強く、過湿に弱い。葉っぱにシワがよってから水をやっても十分間に合う。
●寒さには弱い。霜や寒風は避ける。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水のやりすぎ注意
春から秋は土が乾いてから数日たって水をやるようにします。冬は土がカラカラに乾いてから水をやる程度にします。ゴーラムは非常に乾燥に強く、また過湿に弱いです。水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。水をやるときは鉢のそこから水が染み出すくらいにしっかりとやってください。これは夏でも冬でも同じです。
●ゴーラム(宇宙の木)は葉っぱがシワシワになるまで水が切れても、水をやれば復活します。何の問題もありません。これを目安にして水やりの頻度を掴んでいきましょう。
●土の表面が乾いていても、土の内部には水がしっかりと残っていることがあります。深い鉢には植えないほうがいいです。また素焼鉢のように鉢の表面から水が蒸発するような通気性の良い鉢が好ましいです。
●株に対して大きな鉢に植えると、冬は土中の水が蒸発しづらくなり、根腐れを起こしやすくなります。
肥料は控えめ
春から秋の生育期に肥料をやると、生育が若干良くなります。ですが、肥料が多いと徒長して(ひょろ長くなること)しまいます。肥料は控えめにするのがコツです。
●春と秋に液体肥料を二週間に一回やります。
●肥料は生育を助けるもので、弱った植物を元気にするものではありません。何かの原因で弱ったものに肥料をやるとトドメを挿すことになります。弱った場合は日当たりを避けて養生しましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えをする場合は、多肉植物の土を使います。一般的な花と野菜の培養土は水もちが良すぎて根腐れの原因となります。植え替えは二年に一回を目安。根詰まりすると葉っぱが落ちてきます。
手順
植え替えは一般的な方法です。鉢から株を外し、土を三分の一ほど落として、新しい鉢の底に軽石を入れて、新しい土をともに植え付けをして、最後に水をたっぷり入れます。

植え替え時期は春。もしも根詰まりの症状が出たならば、春に限らず植え替えたほうがいいです。秋に植え替えるときは、土を崩さずにそのまま新しい鉢に植え替えてください。これから冬になってストレスを出来るだけ少なくするためです。
鉢は大きすぎないように
ゴーラム(宇宙の木)が大きくなるのを見込んで、現在より二周り大きな鉢に植え替える人がいますが、これは根腐れの元です。大きな鉢に植えるということは土が増えるということ。冬に、この増えた土にしみこんだ水が蒸発しきれずに、根腐れを引き起こします。
鉢は一回り大きいものにとどめます。
●ゴーラム(宇宙の木)はクラッスラとしては生育が遅いほう。

管理場所・日当たり

出来るだけ日当たりで
春と秋は出来るだけ日当たりで管理します。夏は直射日光が強すぎてゴーラムの葉っぱが葉焼けしてしまいます。真夏は半日陰か、明るい日陰に移動させてください。
●春と秋にしっかりと日に当てると葉っぱがつやつやになり、よく生育します。
冬は室内へ
霜に当たれば、一発で枯れないまでも葉っぱが痛んで、何度か当たっているうちに枯れてしまいます。冬は日当たりのよい室内で管理してください。
●春になったらまた戸外へ。霜が降りなくなる5月以降が目安。(4月いっぱいは寒の戻りで霜が降りることがよくある)

特徴・由来・伝承

ベンケイソウ科クラッスラ属でカネノナルキに近い種類です。多肉植物で葉っぱがプクプクとしていて、そこに水と溜めるので乾燥に強く、育てるのは比較的簡単。別名が宇宙の木。葉の先がコッポリとえぐれていて、それがクレーターに似ているから、という理由らしい。本当でしょうか。
そのえぐれた部分が赤く縁取られます。葉っぱには光沢があり、全体的に「宇宙」というよりは「古い宇宙人像」という感じも。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用