植え替えする理由

MENU
TOP>雑学>植え替えする理由
スポンサードリンク

このページを読む前に


このページはかなりボンヤリ
植え替えは植物によって違います。ここでは植物にとって植え替えをするときに知っておいたほうがいいことをまとめてあります。全ての植物に当てはまるわけではないですが、読んでおくと、植え替えのときに対処しやすいかと思ってまとめてあります。

植え替えの目的

根詰まりを防ぐ
第一の目的は根詰まりを防ぐこと。植物が根を張ると、土の間に根が入り込みます。本来、健康的な土はこの「土の間」に水を溜め込みます。根が詰まるとここに水が溜められなくなります。ということは、水もちが悪くなり、水切れがおきやすくなります。
また、根詰まりをすると、根が傷んでしまい、地上部に症状が出ることもあります。
土が劣化する
生育が鈍い植物は、根詰まりを起こすほどに根が伸びませんが、それでも植え替えをしなくてはいけません。赤玉土は土を固めたものです。これが時間とともに劣化します。赤玉土が崩れて、細かいクズが出ます。これで水はけが悪くなり、根腐れを起こします。
というわけで植え替えを
土が劣化するし根詰まりするし、とにかく時間がたてば植え替えは必須です。

植え替えの基礎知識

直根性かいなか
草植物の中には、一本太い根っこにちょろっと細かい根が生えているだけのものがあります。これを直根性といいます。大根とかゴボウのような感じです。この直根性は太い根が傷つくと途端に生育不良を起こします。傷というのがちょっとした傷でもNGですから、丁寧に植え替えないと枯れます。そういうものは移植不可という書き方をします。
直根性の植え替え
直根性の植物も植え替えをしないといけません。その場合は、古い鉢から引っこ抜いたら、根に付いた土を落とさずに新しい鉢に植え替えをします。新しい鉢は古い鉢より一回り大きなものを用意しましょう。

根と地上部の関係


植え替えのときに根を落とす
根がよく生育するものは、植え替えのときに根を少し切ります。すると新しい元気な根が生えてきて、植え替え後の復活が早くなります。これは植物によります。気をつけましょう。
根の負担を減らすために地上部を減らす
植え替えはそもそも植物にとってストレスです。植え替え自体がリフレッシュなことで、無条件で植物にとって良いことだと思っている人が多いですが、そんなことありません。植え替えを機会に枯れることはよくあります。
そこで生育が鈍い植物は、植え替えのときに地上部の枝葉を落として、根の負担を減らします。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用