ゴールドクレストの育て方…用土・水やりや枯れないコツなどまとめ

MENU
TOP>ヒノキ科>ゴールドクレスト
スポンサードリンク

ゴールドクレスト

ゴールドクレスト
科名ヒノキ科
属名イトスギ属
学名Cupressus-macrocarpa-Goldcrest
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


戸外に植える植物です。寒さに強くて、霜や雪に当たっても枯れることはありませんが、蒸れに弱くて、梅雨から夏にかけて蒸れてゴールドクレストの幹に近い部分……内側が茶色く変色してしまいます。ただ、直射日光には強いので西日などには気にせず植えてください。
蒸れると中から枯れこむ
蒸れによる痛みを防ぐためには、密集しているゴールドクレストをすこしさばいてやって風を通してやるか、風通しのいい日陰へと移動させてください。
ゴールドクレストは日本の気候に合っていません。
いろいろと理由が重なって非常に枯れやすいです。たまに2メートルくらいに成長したゴールドクレストを育てているガーデナーがいますが、あれはすごいです。

クリスマスツリーに毎年?それは無理
夏の時期に風通しが悪いと最悪枯れますし、枯れなくても非常に樹形が悪くなります。ゴールドクレストを翌年のクリスマスツリーとして期待するのは結構大変です。
まとめ
●日本の気候に合っていないので長く生育はしない。
●寒さに強いといっても0度くらいまで。
●暑さに弱く、蒸れに弱い。
●風通しの良いところで育てる。しかし、根が浅いため、大きく育つと台風などの強風で倒れる。
●葉っぱを金属製のハサミで切ると変色するので葉っぱは手でむしる。

スポンサードリンク

水やりと肥料


ゴールドクレストは乾燥に強いですが、かといっても乾燥しすぎると葉っぱの先がカラカラになって枯れて来ます。
●庭植えの場合は水やりは自然の雨でほぼ十分ですが、ゴールドクレストは根が浅く、乾燥しやすいので、様子を見て水やりをしてください。
●鉢植えの場合は、土が乾いてから水をやるようにします。土が濡れているのに水をやるようにしていると根が腐ります。
●受け皿をしている場合は、水が溜まらないように水を捨ててください。


庭で管理していると、雨や水やりで跳ねた泥が葉っぱに着き、それがもとで葉っぱが枯れて来ます。泥はね防止にゴールドクレストの根本にバーグ(木のチップ)を敷いておきます。

乾燥して水切れすると、葉っぱの先がカサカサになってしまいます。春~秋にかけては水切れしないように気をつけてください。
冬は生育が鈍くなりますので、水は控えてください。
肥料
鉢植えは3月と6月に化成肥料を。庭植えの場合は3月にやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き



植え替え・植え付け時期
理想は新しく活動を始める3月4月。次点で活動が鈍くなる秋。

用土
観葉植物用の土か、一般的な培養土にパーライトを1割混ぜたものか、自作する場合は赤玉土(小粒)6腐葉土3パーライト1を混ぜたものを使います。

鉢植えの植え方
苗より一回り大きな鉢を用意して、そこに植えつけます。鉢底の穴に網を敷いて土が流出しないようにし、網の上に軽石を2センチから3センチほど敷き、その上に土を入れて、ゴールドクレストの苗を置き、隙間に土を詰めて、最後に水をやって完成です。
●苗の土は崩さない。根を傷つけると生育不良を起こすので。
●2年に一回程度植え替えをする。鉢の底から根が出ていたら根詰まりのサインです。植え替えるときは根鉢を崩さず、一回り大きな鉢に植え替えてください。


重い鉢に植えるべき
プラスティックの鉢植えで購入して、そのまま戸外で管理していると、地上部が大きいのでバランスが悪くなり、風で倒れやすいので、地植えにするか、重い鉢に植え替えてください。

庭植えの植え方
庭植えの場合は、根鉢の二倍から三倍の深さの穴を掘り、その土に腐葉土を3割ほど混ぜてよく混ぜます。半分の土を戻して、ゴールドクレストの苗を置き、隙間に土を詰めて行きます。ゴールドクレストは根が傷つくと生育不良を起こしますので、苗の土は落とさないでください。最後に水をやって終了。
●水をやることで根が周囲の土に馴染みやすくなります。
●風通しのよう場所を選んでください。じゃないと梅雨から夏に蒸れてしまう。
●適した場所がよく分からない場合は、まずは鉢植えで育ててみる。
●一度植えると移植はできない。根が傷つくと枯れるので。
●株同士は空ける。大きくなってから密生して蒸れてしまう。際限なく大きくなるので、このぐらい空けると正解という数字がない。

スポンサードリンク

管理場所・日当たり


日当たりに
日当たりだと葉色が濃くなり、日光が少ないと葉色が薄くなります。肥料の量によっても葉色は変化します。できれば戸外の日当たりで管理しますが、室内の日当たりでも育ちます。寒さにも抵抗があります。

風通しを良く…
ゴールドクレストは風通しの良いところに植えてください。特に梅雨から夏は風通しが悪いと蒸れて枯れこんでしまいます。しかし、一方でゴールドクレストは根の張りが地上部の大きさに対して「浅い」ために、大きく育つほどに台風などの強風で倒れやすくなります。大きく育てるのであれば、強風には当たらないようにしましょう。
●台風が通る地域では、大きく育つと厳しい。

室外機に注意
戸外で管理する場合に、室外機のそばなどの風が当たらないようにしてください。室外機の風は乾燥していて、ゴールドクレストの葉っぱがチリチリになってしまいます。

もともと日本に合ってない
ゴールドクレストは蒸れやすく、実は枯れやすいです。何年か育てていると徐々に、茶色になって枯れてしまいます。こまかい原因は色々とありますが、元々日本の気候に合っていません。安い時に買って、冬にクリスマスツリーにしよう!とか考えない方がいいです。

ずーっと育てるのは難しいですが、ワンシーズンか一年か二年くらい育てるのは、難しくないです。育てる際に、「ゴールドクレストは育てるのが意外と難しい」と心構えをしておいた方が精神的に健康でいられます。

寒さに強い
寒さに強いといってもコニファーの中では寒さには弱い方です。耐寒温度0度まで。外気温がマイナス5度くらいになると、一発では枯れないですが、ヤバイです。寒冷地では室内に入れてください。
スポンサードリンク

その他

剪定
ゴールドクレストの葉っぱを金属のハサミで切ると切り口が変色してしまいます。葉っぱは切らずにむしり、枝を落とすときだけハサミを使います。

病害虫
乾燥するとハダニが発生し、風通しが悪いとカイガラムシが発生します。しかし、ゴールドクレストの最大の問題は、夏の蒸れと、泥はねです。夏の蒸れは風通しを良い場所で育てて、内側の枝をさばいて行けばいいです。泥はねは株元にバークなどを敷いて泥はねしないようにしましょう。

特徴・由来・伝承

良い香りがするので、森林浴気分を味わえますし、クリスマスにはツリーとして室内に取り込んで飾ることも出来ます。寒さに比較的強いので冬場に出回ります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ゴールドクレストの関連記事

ゴールドクレストの日記

ヒノキ科の仲間


ヒノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用