家庭菜園で収穫した自家製ニンニクの保存方法

MENU
TOP>雑学>自家製ニンニクの保存方法
スポンサードリンク

ニンニクは保存するべきか否か

ニンニクは取れたてが!
スーパーのニンニクは保存のために乾燥させています。つまり時間が経っています。自家製ニンニクのいいところが、取れたてを食べられること、やはり採れたての生ニンニクは匂いが良いです。
理想は取れたてを消費
できるならば自家製ニンニクの利点を生かして早めに消費するのが賢明というもの。でも、ニンニクは1個が数個に分球して結構な量に増えますから、早めの消費といっても限界があります。
乾燥保存は必要
つまり乾燥させて保存はあまった分。
まぁ、普通に考えて食べきれませんから、毎年乾燥保存作業は必須です。
●乾燥させないと保存は厳しい。地域によっては大した手間も無く乾燥できる。
スポンサードリンク

ニンニクの保存方法について


保存方法
収穫後に葉と根を切り取って、軒下の雨の当たらない日陰で乾燥させる。表面が乾いてきたら皮をむく。むいたら乾燥を繰り返し、麟片の外側に何層か皮が残っていてスーパーで売ってるのと同じ感じのところまで剥いたら吊るして保存。
●スーパーで売ってるのは皮が残っている。麟片(中身)まで見えるくらいにしっかりと剥いてもいい。剥いたほうが腐りにくい。
●葉っぱまで落とすのは出来るだけ早く乾燥させるため。とにかく腐る。せっかく吊るしたのに大半が腐った、ということもよくある。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用