EM菌

MENU
TOP>雑学>EM菌

EM菌とは

Effective Microorganismsの略。ようはいろんな細菌の集合体。1982年に琉球大学の比嘉照夫教授が土壌改良として発表したもの。

EM菌の効果について
EM菌とは善玉菌です。これらの健康的作用のある菌を利用することで土壌改良、水質改良などの効果がある。
スポンサードリンク

んーオカルトのニオイがプンプンと

うがった見方かもしれないが
HB101と同じ匂いがする。
農業・園芸のことを調べていると、「土」が大事だということは分かる。そして土に住む細菌が様々な役割を持っているのだろう、というところまでは分かる。だから細菌が農業に影響するのも分かる。

ですがEM菌が有効かどうかは関係ない。
それとコレとは関係ない。

まぁ、様子見を決め込もう

EM菌の問題点
EM菌に効果があるという化学的な根拠は無い。比嘉教授が言って、それが広がっているだけ。だからといって、効果が無いとも言い切れない。実はちょっとだけでも効果があるのかもしれない。細菌の力というのは計り知れないし、そこんところは分からない。

このEM菌のヤバイところは、これらの効果を説明するときに「波動」とか「重力波」とか「健康になる(健康食品がある)」とか「800度で焼いても死なない」とか、関係ないことを言っちゃったこと。

もう科学ではなくなってしまった。

どうもリベラルなニオイがするんだよなぁ

自然最高!
健康万歳!

未知の力で世界を変える。
農業が変える。

……そうじゃない。それじゃない。

大事なのは「実際に効果があるかないか」であって、理想や思想や「人間の本来の姿」でも、「自然のあるべき形」でもない。科学と思想が結びついて、科学が客観的でなくなったんじゃないかな??

メンデルの法則がありますよね。メンデルの法則というのは親から子に遺伝するってことです。この法則はメンデルによって発見されたということになってますけど、親から子に遺伝するってのは、古代から知られていることなんですよ。じゃないと野菜を品種改良できないですからね。メンデルは発見者ではなく、親から遺伝するということを「科学的に証明した偉大な科学者」なのです。

この手法が凄いのですが、まぁ割愛します。

大事なのは科学的に証明されることです。科学的に証明できるということは、誰でも応用できるからです。手順を踏めば同じ恩恵を受けられるからこその「偉大な科学」です。一部の人間にしか効果が分からない上に、科学的根拠も無いというのは、魔法や呪術だと言われても文句が言えないんです。

EM菌は今のところ効果も科学的根拠も希薄です。ですがいずれ、そのどちらもが証明されるときが来る、かもしれないです。

以上
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用