メダカの育て方

MENU
TOP>メダカ科>メダカ

メダカ

メダカ
科名メダカ科
属名メダカ属
学名Oryzias latipes
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

メダカとは

ダツ目メダカ科の魚。ボウフラを食べることプランクトンを食べることから、ガーデニングというよりは水槽に入れておきたい。海水にも強く、海に流されても死なない。

学名のオリジアス・ラチペスは「稲のまわりにいるヒレの広い魚」という意味。メダカは水田と強く関わりあっている。
スポンサードリンク

雑記1

●メダカを食べるヤゴ(トンボの幼虫)がいると、メダカは食べられるが、メダカの成虫を食べるのはヤゴのなかでも結構大きいほう。オニヤンマとかヤンマ系の大きいのだけ。
●ヤゴはトンボの幼虫。よってヤゴが卵を産んで増えるわけではない。メダカの繁殖力がヤゴの食欲を上回る限りは、水槽内で全滅は無い。
●睡蓮鉢レベルに一匹のヤゴなら、メダカが全滅するより、ヤゴがトンボになって飛んでいくほうが早い。
●メダカの生存温度は4度から40度。一般に池は表面が凍っても底は凍っていない。その凍っていない水の温度が4度。北海道の一部でメダカは自生しているのはそのおかげ。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
管理用リンク
管理用