アルメリアの育て方

MENU
TOP>イソマツ科>アルメリア
スポンサードリンク

アルメリア(ハマカンザシ・浜簪)

アルメリア
科名イソマツ科
学名Armeria
別名ハマカンザシ・浜簪
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ヨーロッパの海岸が原産で寒さと塩分に強いのですが、日本の夏の暑さには弱く、風通しが悪かったら、枯れてしまいます。非常に頑健な植物で夏の暑ささえ乗り切れば、育てるのは簡単な植物です。
寒さには強いが、土が凍ると――
霜に当たっても枯れはしませんが、霜柱になって、土が持ち上がると根が傷んでしまいますので、霜柱が起きる地域では腐葉土を根元に被せてやって防ぎましょう。

冬も地上部が枯れずに越冬します。

水やりと肥料


乾燥気味がコツ
土が乾いたら水をタップリとやってください。乾燥に強いのですが、蒸れと高温に弱いので、水のやり過ぎに注意しましょう。
肥料が必要。ただし夏はやらないで
春と秋に、液体肥料を与えてください。肥料が多いと根ぐされしますが、不足すると葉っぱが黄色くなってきます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土水はけをよく
水はけのよい土を好みます。市販されている土でも大丈夫ですが、市販されている花と野菜の土に川砂やバーミキュライトを混ぜて水はけをよくしてから植えると良いです。
庭植えする場合も水はけを
庭植えする場合は、上記の土を使って植えます。根が深くまで広がりますので、庭が粘土質の土ならば、少し深めに掘って川砂や腐葉土を混ぜて水はけをよくしてから植えてください。

管理場所・日当たり

日光に当ててやってください
日が当たっていないと弱ってきます。でも、真夏の暑さにやられると枯れてしまいますので、夏は葉っぱが茂る植物の影に植えるといいでしょう。鉢植えにして夏だけ移動させるのもOK
冬は戸外で
冬の寒さには強く、戸外で越冬します。ただし、霜柱が発生して根を傷つけられると枯死してしまいます。そこで、戸外の霜が降りる場所で管理している場合は、土に腐葉土をかぶせて霜柱除けをしておきます。

特徴・由来・伝承

細い葉っぱをこんもりと茂らせた中から、ニョキっと花茎の伸ばしてその先にクス玉のような花を咲かせる植物。背が低いので、花檀の縁取りなどに使うときれいです。

アルメリアというスペインの都市がありますが、このアルメリアと関係するかは不明。つづりが違うので多分無関係。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アルメリアの日記

イソマツ科の仲間


イソマツ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用