ヘミジギア・マーブルキャンディの育て方

MENU
TOP>シソ科>ヘミジギア・マーブルキャンディ

ヘミジギア・マーブルキャンディ

ヘミジギア・マーブルキャンディ
科名シソ科
属名ヘミジキア属
学名Hemizygia
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ピンク色の花が咲き、非常に鮮やかな葉っぱでカラーリーフとしても綺麗。低温にあたると葉っぱはピンクがかります。寄せ植えにしてもキャラクターが強すぎず、他の花とも調和しやすいです。シソ科で乾燥を好みます。育て方はプレクトランサスに近い(色合いは全然違いますが)。多年草

耐寒温度は0度。霜が降りる地域でも戸外での越冬は出来ないわけではないのですが、霜にあたると枯れるため、冬は軒下やベランダか室内が無難。夏の直射日光にも弱く、夏は日蔭か半日蔭に移動させてください。
まとめ
●過湿に注意。水のやりすぎ注意。
●耐寒温度は0度。霜にあたれば傷む。冬は軒下などへ。
●夏の直射日光に傷む。
●春と秋の二期咲きというよりは夏の暑さで弱る。
●樹高は30cm~50cm
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をやります。土に触ってみて濡れているようなら水はやらないようにします。シソ科で乾燥を好み、過湿になると根腐れします。乾燥気味が無難。
●特に夏以降の気温の低下で水やりの間隔を開けなくちゃいけない時期に水をやりすぎる。
●受け皿の水は捨てる。
●環境や気温、風通しで水やりの頻度は全く違います。夏はほぼ毎日やります。春と秋は数日に一回。冬は一週間に一回か二週間に一回か。あくまで目安です。

肥料
花が良く咲きますので、夏を除いた春から秋の間に二週間か一週間に一回程度液体肥料をやります。肥料はヘミジキアの状態を見て調節してください。
●肥料が無いからといって枯れることはありません。
●でも肥料があった方が花つき・葉っぱの茂り方が全然違います。

植え付け・植えかえ・種蒔き

ハーブ用の土で
シソ科で乾燥気味を好みますので、一般的な培養土ではなくて「ハーブ用」の土で植え付けをするのが理想。多少水やりを控えれば一般的な培養土でも十分育ちます。

管理場所・日当たり

日光を好む。日光が当たるとよく咲き、葉っぱが増える。ただし冬の寒さに弱い。また夏の直射日光に若干弱い。
●夏の直射日光に弱いといっても、即死するほどではない。午前中にあたる程度なら大丈夫だと思われます(育てた人によって言うことがちょっと違うのです)。

特徴・由来・伝承

葉っぱに白い縁取り。楚々としたピンクの花。これから春から秋の定番になる可能性がありますね。カラーリーフとしてもとてもいい感じ。問題は夏越しです。このあたりのことはまだハッキリしない。情報が少ない(2013年12月。

それに私の地域では春に見かけなかったんですよね。なぜでしょ?寒さに弱いのにこの12月にホームセンターへ出回るなんてちょっと悪意を感じるのはわたしだけ?
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用