レプティネラ・プラッツブラックの育て方

MENU
TOP>キク科>レプティネラ・プラッツブラック

レプティネラ・プラッツブラック(ラプテネラ)

レプティネラ・プラッツブラック
科名キク科
学名Leptinella
別名ラプテネラ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

蒸れに弱いので風通しの良いところで管理して、水のやりすぎに注意する。キク科の多年草。草丈は低く――というよりはマット状に広がります。地上2センチくらいで地を這うように伸びます。真夏の直射日光に弱く、年間を通して、木漏れ日が挿すような場所を好ましいです。夏に弱く、寒さには強い。花よりグランドカバーなどに利用されます。カラーリーフと考えましょう。
●プラッツブラックは品種名。
●葉っぱは茶色になる。これが普通らしいです。
●寒さに強いとされるが、具体的な温度は不明。関東以西で戸外越冬可能。
スポンサードリンク

水やりと肥料

過湿に注意して水をやります。土が濡れているようなら水はやりません。土に触ってから水をやるようにします。
●受け皿の水は捨ててください。
●夏は蒸れやすいです。でも水を控えるとカリカリになって枯れてしまいます。バランスが取れないなら日蔭へと移動させます。
●冬は生育が鈍くなって水を吸い上げる力が落ちていますので、水は控えます。水をやるときは午前中にやってください。夕方に水をやるとその水が朝方に凍って根を傷めます。

肥料
生育期間は液肥を一週間に一回程度やる。意外と肥料を求める。

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土は一般的な花と野菜の培養土でOK。できればここに赤玉土か川砂を1割混ぜて水はけをよくすると良いです。

管理場所・日当たり

半日蔭で
ニュージーランドの高山の森林の中で生育する植物で、あまりサンサンと日光を浴びて生育するものでもありません。年間を通じて戸外の木漏れ日が挿す程度の日当たりが好ましいです。
●俗に言う「半日蔭」が適していますが、半日蔭には二種類あります。一つは午前中に碑が当たる場所。つまり一日の半分だけ日が当たる「半日蔭」。もう一つは木漏れ日が挿すくらいの「半日蔭」。普通はどっちでもいいのですが、午前中だけでも真夏の直射日光がバリバリと当たるとレプティネラには致命的です。

真夏の直射日光に注意
真夏の直射日光と真夏の暑さに弱く、また蒸れるので注意が必要です。真夏は風通しのよい日陰に移動させます。
●ちょっと前までは「利便性からこれから流行りそうな植物」でしたが、その後、流通量が減りました。どうやら夏越しも簡単みたいです。
参考:毎年咲く花は花屋さんが売らない?

特徴・由来・伝承

南半球オーストラリアの南東部やニュージーランドの高山の茂みや森の中で生育する植物。葉っぱはシダのよう。寄せ植えに使われたり、グランドカバーにも利用されます。花も咲きます。花にはほのかに香りがあります。

ラプティネラだったりラプテネラだったり。プラッツブラックだったりプランツブラックだったり。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

キク科の仲間


キク科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用