ワイヤースペードの育て方

MENU
TOP>タデ科>ワイヤースペード
スポンサードリンク

ワイヤースペード(ワイヤープランツ・ミューレンベッキア)

ワイヤースペード
科名タデ科
属名ミューレンベルキア属
学名Muehlenbeckia
別名ワイヤープランツ・ミューレンベッキア
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ワイヤープランツの1品種。葉っぱの形が「スペード」になっていることからワイヤースペードという名前で流通しています。
これが本当にスペードに見えるかどうかは人によりますが、形状が非常にかわいいのは間違いないです。

本来のワイヤープランツよりも葉っぱが少なく、そこがまた「かわいい」のですが、そのせいで生育などが若干鈍く、弱い。普通のワイヤープランツより立ち上がり気味に生育します。
まとめ
●常緑。年間を通して明るい室内で管理するのが無難。
●育て方はワイヤープランツと一緒。
●立ち上がり気味に育つ。
●葉っぱと葉っぱの間が広い。
●葉っぱが少ないため普通のワイヤープランツより弱い。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土の表面が乾いていたら水をやります。針金のような細い茎で、水が切れると葉っぱと一緒にチリチリになります。こうなると復活は厳しい。ワイヤースペードは「水が切れない」ようにするのがコツです。といっても、常時濡れているようだと根腐れもします。
●注意するべきはあくまで「乾燥」。何事も極端はダメ。

肥料
肥料があるとよく葉っぱが増え、生育します。生育期間に二週間に一回程度、液体肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

二年か三年に一回は植え替えを
根が古くなってくると生育が鈍くなってきます。植えかえることで元気になります。土は一般的な花と野菜の培養土赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
●古い土を半分ほど落としてから植え替えましょう。
●長いこと植え替えていないと根が鉢から抜けない、かも。

切った枝を土に挿していると株が増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

冬は0度以上の場所で
0度以上あれば越冬できる。霜に当たらなければ戸外でも良い。戸外で管理する場合は軒下など霜の当たらない場所で。いろいろと考慮すると冬は室内が無難。
●普通のワイヤープランツより寒さに弱い。注意する。
●株が大きくなれば耐寒性もよくなる、と思う。
●霜に当たって枯れても根まで枯れていなければ、春には新芽が出る。その場合は冬にカラカラにならないように水をやっていないといけない。

直射日光に注意
乾燥に弱く、直射日光に負けるというよりは、スカスカな葉っぱのせいで土の水分が蒸発して、乾燥でカラカラになって枯れることが多い。真夏の直射はもちろんNGだけども、春や秋でもヤバいので、ワイヤースペードは半日蔭といっても木漏れ日が挿すような場所やカーテン越しの柔らかな日差しの場所で管理しましょう。
ハイドロカルチャーといった水耕栽培なら明るいところでも大丈夫。それでも真夏の直射には負けます。
●日当たりで管理すると葉っぱがちょっとだけピンクに
スポンサードリンク

その他

切り戻し
一度枯れてしまった部分は復活しません。放置していると、文字通り「針金(ワイヤー)」となった茎が、ヒョロヒョロと伸びているだけとなります。
そこで、切り戻しをします。
切り戻しをすることで脇芽が出て、新しい葉っぱが出るようにします。
「葉っぱが落ちるばっかり……」
と嘆いている人は切り戻しをして、株の更新をしてみてください。

特徴・由来・伝承

環境によってはグランドカバーにも出来る。でも通常のワイヤープランツより弱い。環境によりますね。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

タデ科の仲間


タデ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用