不死鳥の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>不死鳥

不死鳥(フシチョウ)

nophoto
科名ベンケイソウ科
属名カランコエ属
学名(Kalanchoe creanta × daigremontiana) × delagoensis
別名フシチョウ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

暑さに強く、寒さに弱い。日当たりを好む、常緑の多肉植物。コダカラソウと錦蝶の交配種です。葉の先に子株が出来て、それが落ちていくらでも増えるので、不死鳥と名がついています。
まとめ
●不死鳥はカランコエと育て方が違う。サボテンに近い。
●水のやりすぎに注意。
●50cm以上に育つが、摘芯切り戻しして小さく仕立てる。大きくなると自分の重さで傾く。
●葉っぱに付いた子株で爆発的に増えるのは温暖な地域だけ。他の地域は活着しづらい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水は控えめに
不死鳥は肉厚な葉っぱに水を貯めこみます。乾燥に強い代わりに、過湿に弱いです。土が常時濡れているようだと根が腐ってしまいます。水をやるときは鉢の底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。
地上部が健康に見えても、グラグラしていたら根腐れを疑います。
水やりの間隔は環境や土の配合にもよりますが、月に二回程度。

肥料
春に一回、薄い液肥をやれば十分です。年に一回だけってことです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

サボテン用の土をそのまま使うか、赤玉土鹿沼土4軽石1腐葉土1を混ぜた物を使います。

管理場所・日当たり

日当たりで
日当たりを好む。カランコエというと「夏の直射日光に弱い」ものですが不死鳥は問題ありません。がっつり日に当ててください。日陰で管理すると間延びする。間延びするとヒックリ返りやすくなります。
●しっかりと日に当てていると模様がハッキリと出ます。

雨に注意
長雨にさらされると腐ります。戸外で管理する場合は必ず軒下など雨の当たらない場所で管理します。
寒さに注意
寒さには強くない。5度以下にならないようにする。
●品種によっては0度まで耐える。
●0度まで耐えるということは寒冷地でなければ戸外の軒下で越冬は可能。
●一般的には冬は室内で管理する。その方が無難。

その他

開花の条件は短日
日が短くなると花芽が出来ます。こういった植物を短日植物といいます。秋分の日を過ぎてしばらくすると花の元のようなものが出来ます。これが成長して開花します。
●不死鳥は花より葉っぱを観賞するものです。
●花はあまり綺麗ではありません。

特徴・由来・伝承

葉っぱの縁(フチ)にびっしりと子株が出来ます。ピンクの花が咲きますが、あまり綺麗なものではありません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用