インカビレアの育て方

MENU
TOP>ノウゼンカヅラ科>インカビレア
スポンサードリンク

インカビレア(インカルビレア)

nophoto
科名ノウゼンカヅラ科
学名Incarvillea
別名インカルビレア
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

まとめ
●夏の多湿に弱い。
●冬は凍結と霜に注意すれば、越冬は簡単。冬より夏が難しい。
●開花時期が長いので肥料を必ず追加。
●水のやりすぎに注意。
宿根草で毎年楽しめる。ただし夏に注意。
●インカビレアピンクフェアリーが人気。

水やりと肥料

乾燥に強く、過湿に弱い
多少の乾燥に耐えますが、ジメジメした状態が長く続くと腐ってしまいます。土が乾いてから水をやるようにし、土が濡れているようなら水はやらないようにします。水をやるときは鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。
●枯れた葉っぱに水が掛かるとカビが発生しますので、枯れた葉っぱは早めに取ってしまいます。もしくは水をやるときに、掛からないように気をつけます。
●冬は活動をしていないので、水を吸い上げる力が落ちています。水やりは土が乾いてから数日経ってからやる程度にしてください。

肥料は必ず追加する
開花時期が非常に長いために、肥料をたくさん必要とします。真夏は暑さで株が弱りますので、肥料は控えますが、春から秋の間は液肥を一週間に一回程度やるようにします。肥料が切れると花が減ります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

根がニンジンのような太くなり、球根となります。これを3月に植え付けします。用土は一般的な培養土か、自作する場合は赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
●球根は深植えせず、球根の芽が出る先端部分を土から少し出ているようにします。もしくは若干隠れる程度。
●鉢底から根が出ていたら植え替えをします。
●三、四年に一回は必ず植え替えをします。

支柱を
茎が少し柔らかいので、風や雨で折れることがあります。そこで、支柱を立てて、紐で結んで対策をしておくと便利です。

管理場所・日当たり

春と秋は日差しの当たるところがよいですが、真夏の蒸れに弱いので、夏は半日蔭で管理します。

冬は土で過ごします。寒さには強いとされますが、土が凍結する場合は室内に取り込みます。霜が降りる地域は腐葉土をかぶせて凍結防止をしておきます。
関東でも霜と凍結の対策をすれば毎年楽しめます。
冬より夏です
インカビレアが枯れるのは夏です。夏の多湿に弱く、ここで腐って枯れてしまいます。夏に風通しのよい涼しい場所で管理するのが毎年楽しむコツです。

特徴・由来・伝承

インカビレア・ピンクフェアリーが非常に人気。

中央アジア・チベットなどに分布するノウゼンカズラ科の植物です。本来は宿根草と一年草があるのですが、日本で流通しているのは大抵「宿根草タイプ」。
●宿根草タイプは株分けも簡単で球根で掘り出して管理もでき、しかも毎年咲くので非常に便利。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用