カリシアレペンスの育て方

MENU
TOP>ツユクサ科>カリシアレペンス

カリシアレペンス(シダレツユクサ・桜色カリシア)

カリシアレペンス
科名ツユクサ科
属名カリシア属
学名Callisia repens
別名シダレツユクサ・桜色カリシア
みずやり乾かし気味に
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

適度に摘芯
そのまま放置していると間延びしてしまうので、定期的に摘芯することで小さくまとめます。
まとめ
●乾燥気味の水やり
●冬は霜に当たると枯れる。室内で管理すれば越冬は簡単。
●夏は間延びしやすい。
スポンサードリンク

水やりと肥料

春から秋にかけて
土が乾いてから水をやります。乾燥に強い方で、過湿に弱いです。土が濡れている間は水をやらないようにしてください。土が濡れているのに水をやっていると根が腐って枯れてしまいます。
●夏は水やりが多いと、徒長します。
●夏は高温多湿で蒸れて根元から枯れ込んできます。夏は水を控えましょう。

冬は水を控える
冬は水を控えると寒さに強くなります。土が乾いてから数日経ってカラカラになってから水をやるようにします。冬は土への水やりを控えて、葉っぱに霧吹きで水をやるようにします。
肥料
肥料が多いと葉っぱがピンクになりません。肥料が切れて、気温が下がるとピンクになります。春から秋にかけて固形肥料を二ヶ月に一回やるか、液体肥料を二週間に一回やるとよく生育します。
参考
水やりのコツ
水やり三年…水やりは難しい。(初心者向き)
肥料の基礎知識

植え付け・植えかえ・種蒔き

用土
用土は多肉植物の土を使用します。古い土を半分ほど落としてから、必ず新しい土で植え付けをします。
挿し木で増えます
土に挿していると発根して株が増えます。
カリシアレペンスは徐々に間延びします。レペンスという言葉が「匍匐(ホフク)」という意味です。小さく仕立てる方が可愛いので、摘芯して脇芽を出させて、間延びしないようにしますが、それでも間延びしたときは挿し木をして、株を小さく仕立てなおします。

参考
植え替えの基礎
プランターの植え付けの基礎
必ず新しい土で植えましょう(初心者向け)
古い土の処分方法(初心者向け)
100円ショップの安い土はダメか?(初心者向け)

管理場所・日当たり

耐寒温度は5度。霜に当たると枯れます。寒さに弱いとされますが、室内で管理する限りは寒さで枯れることはないです。
生育温度は15度から25度。
日当たりを好みますが、急に当てると葉焼けする
日当たりを好み、日光をよく当てると葉色が綺麗にピンクなります。冬に室内で育てていて、温かくなったからと急に日の当たる戸外に出すと葉焼けします。戸外の日蔭で十日間→半日蔭で十日間→日当たりへと移動させて、徐々に馴らしてください。
●多少の日蔭では枯れませんが、それは変化が出るのは遅いだけで、徐々に弱ります。出来るだけ日に当ててください。

夏は半日蔭へ
日当たりを好みますが、真夏の直射日光では葉焼けすることがありますので、真夏は室内のカーテン越しの日に当てるか、戸外の日蔭で管理します。
参考
室内と戸外での日光量の違い
霜に当たると植物が枯れる理由
環境が変わると葉が落ちる

特徴・由来・伝承

南米原産。なぜかセダムと書いてありますが、セダムではなくツユクサ科の植物です。セダムはベンケイソウ科セダム属のことですが、多肉植物のことセダムと書くためじゃないかと。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ツユクサ科の仲間


ツユクサ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用