アガスターシェの育て方

MENU
TOP>シソ科>アガスターシェ

アガスターシェ(カワミドリ・アガスタケ・アニスヒソップ・ジャイアントヒソップ)

nophoto
科名シソ科
学名Agastache
別名カワミドリ・アガスタケ・アニスヒソップ・ジャイアントヒソップ
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

アガスターシェは春まき一年草扱いのものと、宿根草のものがあります。一年草のものはほとんど流通していないです。購入する場合はネットで取り寄せることになります。

宿根草タイプは寒さにも暑さにも強く、冬に地上部が枯れても根まで枯れていなければ、春にはまた芽を出して花を咲かせてくれます。
花が咲いた後に切戻すと、脇芽が出て花がたくさん咲きます。こぼれダネでもよく増えます。
●一年草タイプは出回っていない。宿根草か多年草と書いてあり、「耐寒性」とあれば寒さにも強い。

まとめ
●切戻しを何度かするとよく花が増える。
●宿根タイプは冬越し可能。
●暑さにも強い。
●水切れに注意。
●育てやすい蜜現植物。ノーマル種がよく虫を寄せる
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いたら水をしっかりとやってください。アガスターシェは多少ジメジメしている状態を好みます。ところが園芸品種は乾燥状態に管理すると花が咲きやすいです。
肥料
アガスターシェは花が非常によく咲き、また長期間咲くので肥料を切らさないようにします。肥料が切れると花も止まりますし、株の成長も鈍くなります。
開花する時期は一か月に一回緩効性肥料をやるか、一週間に一回は液体肥料をやってください。

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土を好みます。市販している花と野菜の培養土を使用するか、自作する場合は赤玉土6に腐葉土4を混ぜたものを使います。
種から
種子から育てる場合は発芽温度は20度前後となっていて、ポットに数粒入れて水をしっかりとやって乾燥しないようにうると一週間ほどで発芽します。種は暖地なら秋まきでもいいが、春まきが無難。
挿し木・株分けでも増えます。
●種子は大量に出来る。環境が合っているとこぼれダネで勝手に増える。

管理場所・日当たり

夏の暑さには強いですが、それでも真夏の直射日光に元気がなくなるかもしれません。元気がなくなるようなら半日蔭に移動させてげてください。とっても、日当たりでずっと管理していても枯れたりはしないです。ただ葉っぱの色が薄くなります。
本来はジメジメした場所を好みます。
●夏に西日が当たる場所は避けた方がいいです。
●流通している園芸品種は夏の暑さに強く、また乾燥に強いです。園芸品種は乾燥気味を好み、乾燥気味の方が花がよく咲きます。

冬の寒さについて
ある程度大株になると冬の寒さに耐性が出てきますが、小さな苗だと冬は室内で管理が必須です。春に育て始めて夏を越した株ならば十分な大株です。
●関東以南なら戸外で常緑で越冬。
●寒冷地は地上部が枯れるが根で越冬。春には芽が出る。北海道でも出るかは微妙。札幌の戸外で越冬したという話もある。

その他

品種
ブラックアダー、アウランティアカ、カワミドリ。

特徴・由来・伝承

アガスターシェは草丈が60cmくらいものから1m以上になるなど草丈の範囲が広い。植える場所は後ろの方になります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シソ科の仲間


シソ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用