黄麗の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>黄麗

黄麗(オウレイ・月の王子)

黄麗
科名ベンケイソウ科
属名セダム属
学名Sedum adolphi
別名オウレイ・月の王子
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

暑さには強いが寒さには若干弱い。弱いと言っても室内で管理すれば十分越冬する。秋風に当てると黒い斑点が出来て葉っぱが落ちるので、寒さには注意する。株が育ってくる(15センチくらい?)と花も咲きます。
まとめ
●夏の暑さに強いが、直射日光に弱いので夏は半日蔭か日蔭で管理する。
●冬は室内で管理する。
●寒さに当てると紅葉する。これも見どころ。ただし夏に日が当たってないと紅葉はしない。
水やりは土が乾いてからしっかりと。
●夏は蒸発が激しいので水切れに注意。
スポンサードリンク

水やりと肥料

基本的には土が乾いてから水をやります。土が濡れているなら水はやりません。水やりの頻度は大体一カ月に一回か二回と言われますが、これは時期や湿度や日当たりによりますから、土の状態を見て適宜判断してください。
セダム類は乾燥に強く、水をやりすぎると根が腐ってしまいます。
●葉っぱに多少シワがよるほどに水が不足してから水をやるくらいでも枯れません。
●水のやりすぎ、というのは水の量ではなく「頻度」です。一回の水やりでは、鉢底から水が染み出すくらいにしっかりとやってください。

水やりの頻度が多いと徒長しやすいので、水を控えめにします。徒長すると可愛くないので、渇き気味は黄麗を育てる大事なコツです。また渇き気味に管理すると秋に寒さに当たった時にオレンジ色に紅葉しやすいです。
夏型です
セダムには夏に生育するタイプと夏に休眠するタイムがあります。黄麗は夏に生育するので夏もしっかりと水をやってください。
冬は控えて
反対に冬に生育が止まりますので、冬は土がカラカラに乾いてから水をやる程度の控えてください。目安としては一カ月に一回程度。
肥料
肥料は春から初夏にかけてあげてもいいが、あげないでもいいので、あげない。液体肥料だと生育しやすい。しかし大きく育つと可愛くない。また土に肥料が残っていると秋に紅葉しづらい。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えるのなら用土多肉植物用の土かサボテン用の土を利用します。3年に一回程度植え替えをします。根詰まりを起こすと葉っぱが理由も無く黄色くなって落ちます。できればそうなる前に植え替えを。
植え替え時期は春から初夏の間。
挿し木・挿し葉でよく増える
葉っぱを土に挿していると簡単に発根して株を増やすことができます。切り取った部分は乾かさないでそのまま土に挿してください。

管理場所・日当たり

日光を好み、日光にしっかり当ててあげると葉っぱがプックリと膨らんで綺麗な鮮やかな葉色になりますので、出来るだけ日光にあてましょう。
夏の直射日光には注意
夏の直射日光には弱く、葉焼けしてしまいます。夏だけは室内に入れるか、戸外の半日蔭・日陰で管理してください。
●夏にあまり日に当てていないと、秋に寒さにあてても紅葉しません。

冬は室内へ
寒さに当たると傷んでしまうので室内で管理します。出窓などの日当たりのいいところで管理しますが、出窓は寒波が来ると外気に近いために氷点下になることもあります。そういう夜は室内の温かいところに移動させてください。
暖地なら戸外で越冬も

特徴・由来・伝承


セダムの銘月とよく似ています。銘月の方が葉っぱが長くてツルツルしています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用