ヘンルーダの育て方

MENU
TOP>ミカン科>ヘンルーダ
スポンサードリンク

ヘンルーダ(ルー・ハーブオブグレイス・ネコヨラズ)

ヘンルーダ
科名ミカン科
属名ヘンルーダ属
学名Ruta graveolens
別名ルー・ハーブオブグレイス・ネコヨラズ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

ミカン科の植物で香りが強いので、虫よけ・猫避けの効果があるとされます。猫よけとして植える人が多い。お店によっては「ネコヨラズ」という名前で売られることもあります。が、実際に猫よけの効果がどのくらいあるかは疑問。
梅雨前に葉っぱを間引く
蒸れに弱く、梅雨になると高温過湿に腐ることがあるので、梅雨前に葉っぱをさばいて風通しを良くすることで丈夫に育ちます。葉っぱをむしる場合は、必ず軍手をします。ヘンルーダの葉っぱや茎の汁は刺激が強く皮膚が炎症を起こすことがあります。
まとめ
●乾燥に強く過湿に弱い。水をやりすぎないように注意する。
●梅雨前に葉っぱを間引いて風通しを良くする。
●冬は霜に当てないようにすることで関東以西では戸外で越冬する。霜に当たっても枯れるわけではない。葉先が傷む程度。
●日当たりのよいところが好ましいが半日蔭でも十分生育する。
●アゲハ蝶をなめてはいけない

水やりと肥料

乾燥を好み、過湿にすると腐ってしまいます。土が乾いてから水をやってください。水をやるときはちょっとづつではなく、鉢底から水が出てくるくらいにタップリとやってください。
肥料
春から秋にかけて液体肥料を二週間に一回程度やってください。冬は生育が鈍くなるので肥料をやりません。

植え付け・植えかえ・種蒔き

酸性の土を嫌いますので、植えつける前に苦土石灰を混ぜ込んでおいて中和しておきます。混ぜ込むのは植え付けの二週間前にします。
用土は一般的な花と野菜の土を利用します。自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたを利用します。肥沃な土を好みますので、庭土や鉢の土に鶏糞や牛フン堆肥などの有機肥料を足してください。
種子で増やす
花の後に出来る種子をまくと株が増えますし、枝を切って水揚げしてから土に挿していると発根して株が増えます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日当たりか半日蔭で育てます。日当たりが好ましいですが、半日蔭でも生育に問題はありません。
乾燥気味に管理
ヘンルーダは乾燥気味の環境を好み、過湿を嫌います。風通しの良いところで管理すると丈夫に育ちます。また梅雨前に葉っぱをさばいて風通しを良くしてください。
寒さには弱いが…
霜に当たると葉っぱが変色して枯れてしまいますが、それで完全に枯死するわけではなく根まで枯れていなければまた春には芽吹きます。霜に当たらないようにすれば、常緑で越冬しますので、鉢植えならば冬は軒下など霜の当たらない場所で管理します。
関東以西であれば軒下なら常緑で問題無く越冬します。土が凍るような寒冷地だと根まで枯死しますので、冬は室内に取り入れてください。

その他

アゲハ蝶が卵をうみつけます。香りが強くその虫よけ効果で大抵の害虫は発生しないのですがアゲハだけは寄って来て、アゲハチョウの幼虫があっというまに丸裸にしてしまいます。舐めていると泣きます。速攻で虫をつまみだします。

特徴・由来・伝承


南ヨーロッパ地中海原産の植物で草丈は50センチから1メートル。ヘンルーダは多年草で、育つと木質化します。別名はハーブオブグレイス。日本には江戸時代に渡来。抽出したオイルは「ルーオイル」と呼ばれます。

葉っぱに強い香りがありかつては薬用ハーブとして食用にしていましたが、毒性があるとも言われ、現在は食べていません。葉っぱや茎の汁が肌に触れると炎症を起こすことがあるので注意してください。乾燥させたものが堕胎薬となるほど刺激が強いので、口にしてはいけません。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ミカン科の仲間


ミカン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用