フクシアの育て方

MENU
TOP>アカバナ科>ホクシア
スポンサードリンク

ホクシア(ツリウキソウ・フクシア)

ホクシア
科名アカバナ科
学名Fuchsia
別名ツリウキソウ・フクシア
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


冬は室内で管理するか軒下で越冬させる。寒さには比較的抵抗があるのものの、5度以下になると枯れることもありますので、冬は室内が無難です。
夏の暑さに弱いので、夏は日陰に移動させてください。

花が終わって冬前に剪定します。ホクシアは茎と根が元気ならば十分冬越し出来ます。切った枝を挿木すれば、春には庭がホクシアだらけになるかも。
花ガラ摘み
花がしぼんだから、花を摘んでください。そのままにしておくと、株が種子を作ろうと栄養を回してしまって、次の花が咲きづらくなります。
まとめ
●水切れに弱い。
●夏は暑さで休むため、水やりは控え、肥料はあげない。
●冬は葉っぱが落ちるが、枯れていないので、根が枯死しない程度に水をやっておく。
●花ガラを積むことで次の花が咲きやすくなる。
●春と秋に肥料を。
●耐寒温度は5度。霜に当たれば枯れる。暖地は戸外で越冬。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは普通
土が乾いていたら水をしっかりとやってください。水切れに弱く、水が切れると復帰は難しいですが、水をやりすぎると根が腐って枯れてしまいます。この辺りは何度も水やりをして経験して感覚をつかむしかありません。そんなに難しくないですよ。
夏の水やりに注意
春と秋は土が乾いたら水をしっかりとやる普通の水やりですが、夏は水を若干控えます。夏は暑すぎて生育が止まってしまうからです。ですが水が完全に切れると水切れで枯れてしまいます。水の頻度は育てながら感覚をつかんでいくしかありません。
冬も水をやる
冬になると葉っぱが落ちてしまいますが、枯れているのではなく冬眠しているだけです。枯れてると思って水やりを止めてしまうと、本当に枯れてしまいます。土の様子を見て、完全に乾ききらない程度に水をやりましょう。環境にもよりますが、三週に一回とか一ヶ月に一回程度、水をやるときは冬でも鉢底から水がしみ出すくらいにやってください。水やりはメリハリが大事です。
肥料
春と秋に液体肥料を週に一回でやるか、春と秋に固形肥料を一回あげてください。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

通気性と水はけのよい酸性の土が適しています。鹿沼土4ピートモス5パーライトかバーミキュライトを1、これを混ぜて植え付けをします。市販されている花と野菜の土で植え付けても大丈夫ですが、できれば酸性の土で。

植え替えの時期は春が最も適しています。ですが、秋でも問題ありません。

管理場所・日当たり

日の当たる場所で管理しますが、真夏の暑さと多湿に弱く、真夏は風通しのいい明るい日陰に移動させるか、植える段階で、夏は半日陰になる風通しのいい場所を選んで置きます。
暖地は戸外で越冬
耐寒温度は5度なので、霜が降りない暖地では戸外で越冬可能です。霜が降りるがさほど寒くないギリギリの地域は霜にあたらないように軒下で管理でも越冬できますが、室内に取り込んだ方が無難です。

寒冷地では冬は室内に取り込みます。

特徴・由来・伝承

なんだか南国の雰囲気を持った独特の形の花を咲かせる植物。常緑低木で、寒さに比較的抵抗があるので(5度まで)、暖地の霜が降りない地域では越冬も出来ないこともない。

一般的な紫と赤のコントラストが、キレイと思うか、ちょっと気持ち悪いなぁと思うかは個人のセンスの違い。でも、海外では人気があるらしいです。

花には色んな色と形があります。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アカバナ科の仲間


アカバナ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用