サラセニアの育て方

MENU
TOP>サラセニア科>サラセニア
スポンサードリンク

サラセニア(ヘイシソウ・瓶子草・pitcher plant)

サラセニア
科名サラセニア科
属名サラセニア属
学名Sarraceniaceae Sarracenia
別名ヘイシソウ・瓶子草・pitcher plant
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

湿地の植物で、多湿でも枯れることはありません。むしろ乾燥に弱い植物です。水切れに注意しないといけません。暑さにも強く、また霜に当たらなければ(暑い地域の植物としては)寒さにもそこそこ強いです。

春から初夏にかけて独特な雰囲気がある花が咲きます。切花としても利用できます。
まとめ
⚫︎深い受け皿を用意し、水を張る。
⚫︎湿地帯の植物なので乾燥に弱い。
⚫︎暑さに強く、日差しにも強い。
⚫︎寒さにも強いと言われますが、霜に当たれば枯れるし0度以下になると枯れる。凍結すれば枯れるので注意。冬は室内へ。

水やりと肥料

湿地の植物です
もともとが湿地に生育する植物ですから、水切れは致命的です。
水は深めの受け皿に水を張って、絶えず水が供給されるようにしておきます(腰水)。乾燥に弱いので、水が切れると枯れます。水は受け皿に足してやるだけでなく、時々でいいので土に直接水をやってください。土の中にはサラセニアや雑菌の排泄物や古い空気が残っていて、これを時々洗い流してやるのも「水やり」の大事な役目です。これはどの植物でも同じことです。
腰水にするのが便利
深い受け皿を用意して、水を貯めて、そこに鉢の底が使っている状態にするのを腰水と言います。水辺の植物に適した方法です。
ただし腰水にすると夏はボウフラが発生しやすいです。

夏の水やりは注意
夏は気温が高く、蒸発が激しいだけでなく、水もよく腐ります。なので、受け皿の水はマメに変えてあげてください。
冬は水やりを控えるのですが…
気温が下がると成長が止まり、活動が鈍くなり、水を吸い上げる力が落ちます。ですが、サラセニアは枯れていませんし、活動を一切止めているわけではありません。冬でも水は必要です。冬は変化がないので、水を忘れがちになり、冬に「気がついたら枯れてた!」ということになりやすいです。気を付けましょう。冬もできれば腰水にしておくのが便利です。
虫はやらない
食虫植物は土の栄養では足りない分を虫を取ることで補給するものです。土に栄養があれば、虫を無理に与える必要はないうえに、無理に虫をやると栄養過多で病気になりやすくなります。
肥料
春と秋に1回づつ薄い液体肥料をやってください。それだけで十分ですし、やらないからといって枯れることはありません。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えは水苔で根を包むようにします。水苔は毎年やりかえてください。水苔が真っ黒になって腐っているので、これを取り除くことで病気を予防できます。株分けはこのとき行います。
株分けをするときは、裂いた株の切り口に殺菌剤を塗ります。殺菌剤はホームセンターなどに売っています。イソジン(原液)でもいいです。
●夏は根が太くなるが、春は冬を経ているので細い。春に植え替えをしてみて細さに驚かないように。

管理場所・日当たり

日差しに強い
年中、強い直射日光にも負けませんから、しっかりと日に当てるべきです。ただ、夏の乾燥に注意してください。
冬は室内が無難
冬は「冬葉」という寒さ対策のための葉っぱと地下の根だけになります。地上部はほぼ枯れます。春夏に旺盛に生育したものが冬に消えるのでショックを受けますが、毎年そうなるので気にしない。霜に当たると枯れます。霜に当たらなければ戸外での越冬も可能ですが、耐寒温度はせいぜい「0度」ですから、霜が当たらなくても、寒すぎれば枯れます。寒い地域の人は気を付けましょう。
●腰水をしていて戸外で管理しているとそのまま凍ってしまって枯れることがある。
●サラセニアは品種によっては枯れない。
●枯れなくてもダメージがあるのでやっぱり凍らないほうがいい。

夏の暑さよりも、乾燥に注意
耐暑性があるので、夏の暑さには強いのですが、真夏の日当たりのいいところに置いておくと、蒸発が激しく極端に乾燥してしまいます。水をしっかりとやるか、あまりに乾燥する場合は日陰や半日陰に移動させます。
●腰水で乾燥を防ぐといいです。

場所を頻繁に変えない
季節ごとに場所を変えるのはともかく、ああでもない、こうでもないと移動させるのはサラセニアにとってストレスになります。
スポンサードリンク

その他

雑記
●交配種が沢山ある。
●凍っても枯れるわけではない。なんともない品種もある。毎年戸外で越冬させている人も多い。それでも枯れることがあるので、室内が基本。というか無難。

特徴・由来・伝承

カナダ・北アメリカに生える食虫植物で、葉っぱが筒状になっていて、その中に置いた虫を溶かして栄養にします。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用