カヤツリグサの駆除など基礎知識

MENU
TOP>カヤツリグサ科>カヤツリグサ
スポンサードリンク

カヤツリグサ(蚊帳吊草・莎草・マスクサ・枡草)

カヤツリグサ
科名カヤツリグサ科
属名カヤツリグサ属
学名Cyperus microiria
別名蚊帳吊草・莎草・マスクサ・枡草
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

概要


雑草で日本でもっともよく見られる雑草かもしれない。カヤツリグサと一口にいっても、仲間とされるカヤツリグサが多く、大小さまざまあり、見分けがつかない。茎の断面が三角形になっているのが特徴。花は非常に地味。というか簡素というべきかもしれないです。

空き地・道端・畑・水田などで見られます。種類によって湿った場所を好んだり、乾いたところを好んだりするので、結局、雑草としてどこでもよく見る植物です。

駆除について

多年草で地下で増える
カヤツリグサの仲間は地下でつながっていて、それがあちこちで芽を出します。よって地上部を抜いても抜いても駆除までは遠いです。かといって、土を耕運機などで掘り返してしまうと、根が細かくちぎれて、それがまた一つ一つのカヤツリグサとなって芽を出すという最悪の展開になります。よって、「薬で枯れさせる」か「気長に手で抜く」という方法しかありません。薬がいいでしょうね。
●カヤツリグサに効く薬剤はよくあるが、カヤツリグサだけに効果がある薬剤は無い。そんな都合のいいものはさすがにない。
●よってカヤツリグサだけを駆除したいなら、手で抜くしかない。
グランドカバーで覆うことで少なくすることも可能。「ヒメイワダレソウ」「クローバー」「アップルミント」などを植えてカヤツリグサを手で抜いていくとカヤツリグサが駆逐されるというものもある。ただしヒメイワダレソウやクローバーは「繁殖力が強くて植えないほうがいい植物」の代表選手。庭がどうなるかは分からない。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カヤツリグサ科の仲間


カヤツリグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用