ユッカの管理場所についてまとめ

MENU
TOP>雑学>ユッカの管理場所についてまとめ
スポンサードリンク

ユッカの管理場所についてまとめ

<春>室内の明るい場所か、戸外の日陰か半日陰か日当たりで管理します。
<夏>室内の明るい場所か、戸外の日陰か半日陰で管理します。
<秋>室内の明るい場所か、戸外の日陰か半日陰か日当たりで管理します。
<冬>室内の明るい場所で管理します。

⚫︎オフィスで管理している場合、冬の昼間は暖房があって暖かいのですが、夜になると冷え込んで0度前後になってしまうことがあります。そうなると枯れます。
⚫︎暖房やクーラーの風は非常に乾燥していますので、この風が直撃するとどんな植物でもカラカラになってしまいます。
⚫︎冬は生育が鈍くなって水はさほど必要がない、のですが暖房が効いている部屋では乾燥してしまいます。土の様子を見て、水をやってください。
⚫︎オフィスでどーしても飾りたい場合は、造花も検討するべき。単価は高いですが、何度も買い換えるなら、造花の方が安上がりかも。また、当然ですが水やりの手間や心配が無いです。

ユッカの性質と環境について

ユッカは非常に乾燥地帯の植物で頑健で乾燥に強い性質です。日光がガンガンと浴びて生育するもので、極端な言い方をすると、「多肉植物」に近いです。だから土につけていると発根するし、多少の環境変化に対応します。

よく葉焼けを起こすのですが、それは冬の間を室内で過ごしていたり、一年中室内で管理していて、急に強い直射日光を浴びたからであって、本来は日本の直射日光を浴びたからといってなんともありません。

多肉植物とかサボテンというのは、活動的では無い代わりに、多少のことでは変化がありません。よって、日光が多少不足したからといって突然枯れることはありません。ですが、日光が少ない場所に長くいると、その場所に適応してしまって、葉っぱの葉緑素が薄くなり、直射日光に弱くなる、ただそれだけです。
スポンサードリンク

気温について

高温の乾燥地帯の植物ですから、寒さに弱いです。といっても5度までは枯れませんし、12度前後あれば生育もします。室内で管理している限りは冬でも寒さで枯れることはありません。

ただし、昼間は暖房が効いていて暖かくても、夜は0度前後になることはありますし、また窓の近くは外気に近いので0度前後になることもあります。そういう場合は枯れてしまうので、注意しないといけません。
冷暖房に注意
冷暖房の風は非常に乾燥していて、直接あたると、ユッカでも徐々にショボショボになってしまいます。直撃しないようにします。
乾燥に注意
暖房や冷房をしている部屋は非常に乾燥します。それで枯れることはありませんが、水やりの頻度を増やして対応する必要があります。

雑記

⚫︎ユッカは室内で管理しているとどうしても、徐々に徒長(ひょろ長)になります。不恰好になったら捨ててしまう「使い捨て観葉」だと割り切った方が精神には健康的です。
⚫︎室内で管理していると、徒長します。日光が足りないからです。そこで定期的に戸外で日に当ててやります。……口でいうのは簡単ですがこれが面倒。
⚫︎春から秋は戸外で日に当ててやるのが良い。そうしてしっかりと生育すると冬の寒さにも強くなります。でも、ユッカを買う人ってのは大抵が室内のインテリアとして買うわけで、戸外で管理するってのはちょっと本末転倒。それに大きなユッカは重い。移動させることで腰を痛めることすらある。いろいろと考えると「使い捨てインテリア」と考える方が健康的です。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

雑学の仲間


雑学の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用