サルココッカの育て方

MENU
TOP>ツゲ科>サルココッカ
スポンサードリンク

サルココッカ

サルココッカ
科名ツゲ科
属名サルココッカ属
学名Sarcococca confusa
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


常緑の低木で樹高は20㎝から60㎝と低い。肥料を与えると大きく育ちます。といっても2mくらいです。強い香りのある花が咲き、実がなりますが、花や実は鑑賞のメインではなくあくまで葉を楽しむものと考えてください。日陰でも育ちます。病害虫にかかりづらく、大気汚染にも強い。管理が楽なので植え込みなどに使います。刈り込むと株元から芽が出て地表を覆うのでグランドカバーとして利用することもあります。刈り込みに強く、よく芽が出ます。耐寒性があり、東北南部より南ならどこでも育ちます。
まとめ
●簡単に育つ。超初心者向き。
●生育が遅い。
●日陰にも強く、病害虫にも強い。
●寒さに強く暑さにも強い。
●流通量が少ない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは普通です。鉢植えにした場合は土が乾いていたら水をやります。庭植えにした場合は自然雨だけで十分です。庭植えにした場合でも、あまりに乾燥する時期は水をやってください。
肥料
肥料をやると大きくなります。冬2月と秋9月に緩効性肥料を根元にやってください。肥料が無く痩せている土地だからといって枯れるわけではありません。そのくらい頑健です。ただ、肥料が少ないとやはり元気が無いので、植え付け時の腐葉土堆肥と、毎年の肥料はやった方がいいです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植えつけるときにしっかりと腐葉土と堆肥を土に混ぜ込んで植えてください。
●生垣にすると良い。
●生垣にするときは30センチごとに植える。
●生育は鈍い。よって管理しやすいが、生垣に植えるときは、まぁまぁ大きいものを買った方が無難。指でつまめるようなのを買うと生垣になるまで時間が掛かる。
繁殖は簡単
挿し木するだけで幾らでも株が増えます。そういう簡単に増えるやつってあんまり流通しないんですよね。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

半日陰か日当たりが好ましいですが、多少の日陰でも生育します。

その他

病害虫に強いですが、ハマキムシが発生することがあります。

特徴・由来・伝承

サルココッカはギリシャ語で「肉質の液果」という意味。人気品種になりつつあって、入荷がおいつかない。原産地はヒマラヤ・東南アジア・中国南部。サルココッカ・コンフーサは黒い実ができて、サルココッカ・ルシフォーリアは赤い実がなる、らしいです。ルシフォーリアはほとんど流通していないし、育て方はコンフーサト一緒です、
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ツゲ科の仲間


ツゲ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用