七福神の育て方

MENU
TOP>ベンケイソウ科>七福神

七福神(高咲き蓮華)

七福神
科名ベンケイソウ科
属名エケベリア属
学名Echeveria.secunda
別名高咲き蓮華
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


エケベリア属で見た目がきれいな人気種。
年間を通して鮮やかなグリーンの葉が密に重なりバラのような七福神。冬になると先端爪の部分が紅葉します。高さは約15センチまで育ち春から夏の終わりまでオレンジ色から黄色のグラデーションのきれいな花が咲かせます。葉は縦に伸びずに葉が横に育ち丸い美しい形になります。
日光を好む
日光不足だとひょろひょろと縦に伸びてしまいます。日当たりの良い反日陰で育てましょう。日光が十分に当たっていると葉は濃い緑になりますがそうでないと薄いくすんだ緑色になります。
良く育ちます
生育が良い。数年生育すると株が根元からでてきます。
寒さには弱い
寒さには弱く耐寒温度10度くらいといわれています。氷点下の寒気、霜にあたると絶対に枯れますので冬は屋内で育てたほうが無難でしょう。
まとめ
●日光を好みます。日を当てるほど葉の色がグリーンになります。
●寒さには弱い品種です。冬は屋内の日当たりのよい場所で育てましょう。
挿し木、さし芽で増やせます。
●過度な水遣りには注意が必要。高温多湿を嫌い、夏などは鉢の中が蒸れると害虫や根詰まりの原因になります。
スポンサードリンク

水やりと肥料

夏の水遣りに注意
水やりは夏は特に注意が必要です。蒸し暑さを嫌い鉢の中が蒸れると葉が腐って下から落ちてきます。夏、冬は休眠状態となり、過度な水遣りは根詰まりや害虫の原因となります。表面の土がまんべんなく濡れるくらいの水をあげてください。次の水遣りまで必ず土を乾かしてください。
冬は休眠期となりますので夏よりも水は控えめに完全に水を切ってもかまいません。葉がしおれてきたなと思ったら土の表面が軽く濡れるくらいのお水をあげてください。

成長期、春と秋は表面の土が乾いたらたっぷりと水をあげてください。
水のやりすぎ、根腐れに注意
水をやりすぎると(特に休眠期)根腐れを起こします。必ず土が乾いてから水遣りをしましょう。また鉢植えの受け皿に水が残っていると根腐れをおこしますのでたまった水は必ず捨てましょう。
屋内で育てる場合、冷暖房の乾燥した風には注意が必要です。冷暖房の風にあたると葉が乾燥のしすぎてしおれてきます。霧吹きでときどき葉に水分を与えてください。
ロゼット状に葉が中心に重なるようにして生えますのでどうしてもそこに水がたまりがちです。放っておくとそこから病気になったり害虫がついたりしますのでティッシュペーパーでふき取りましょう。雨のあたるところにはおかないようにしましょう。水遣りをするときは葉をさけて鉢の土に直接かけるようにしてください。

肥料はあげすぎに注意
植え替え時や買ったときにすでに入っている土または使用した土が多肉植物サボテン専用の土の場合、すでに肥料が入っています。すでに肥料が配合されている場合、追加で置き肥などをすると発育に弊害がでる場合がありますので必ず確認してからにしましょう。
追肥: 多肉植物の中でも肥料をやると成長が促される種類です。薄めた液肥を成長期の春と秋に一か月に一回与えてください。
スポンサードリンク

植えかえ

植え替え
土の配合は鹿沼土小粒2:赤玉土小粒2:ピートモス2:川砂2:くん炭またはゼーライト2などの配合土か、市販のサボテンと多肉植物の土を使います。植え替えする鉢は一回り大きな幅の鉢を選んでください。
葉挿しは
切り取った葉を土に挿して増やしていきます。葉の付け根部分から手で外し、湿らせたバーミキュライトや赤玉土、または市販のサボテンと多肉植物の土の上に置きます。切り口は土に挿しません。そして、水を与えず、反日陰で気候の厳しくない場所で管理します。しばらくして根が出たら、根の部分を土に埋めてやります。発根には時間がかかる場合があります。時間がかかって乾燥しているようであれば霧吹きで葉に水を与えてください。
茎を切って増やす挿し木
もほぼ同様で、茎を切り取って土に挿してます。切り取った茎は、切り口を1週間ほど風通しの良い反日陰で乾燥させ、2週間ほどたって発根したら、バーミキュライトや赤玉土、市販のサボテンと多肉植物の土に植えます。
植え替え、葉挿し、挿し木をするのは春から夏前
夏と冬は気候が厳しすぎるため多肉植物にとって負担が大きすぎますので植え替え、葉挿し、挿し木はしないようにしましょう。
スポンサードリンク

管理場所

美しい見た目なので屋内に置きたくなりますが日光不足となった場合ヒョロヒョロと縦に伸びてしまいます。日当たりを好むの性質なので日当たりが悪いと葉の色が薄い緑色になってしまいます。春や秋の成長期には日当たりの良いところで水を適量あげてください。
冬は耐寒温度10℃くらい
氷点下の寒気や霜にあたると必ず枯れます。寒さに弱い品種ですので屋内で育てたほうが無難です。
梅雨や真夏の高温多湿時期は雨が多いので直接雨にあたらないように気をつけましょう。

屋内で管理する場合
冷暖房の風はとても乾燥していますので直接あたると枯れます。必ず風が直にあたらないところで管理しましょう。

その他

虫がつきやすいです 
ロゼット状に育つ多肉植物は根元や株の中心、葉の間などに夏など高温多湿の時期は小さな虫が着きやすいです。浸透移行性の殺虫剤をまいて予防、駆除ができます。虫がついているのが見つかったらブラシや手などで速やかに駆除して薬剤撒布してください。

由来

縁起のいい園芸名から、お祝いごとによく贈られます。メキシコ原産で英語でメキシカンすのーボール(メキシコの雪の玉)と呼ばれています。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ベンケイソウ科の仲間


ベンケイソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用