カリシアの育て方

MENU
TOP>ツユクサ科>カリシア
スポンサードリンク

カリシア

カリシア
科名ツユクサ科
属名カリシア属
学名Callisia
みずやり乾かし気味に
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ツユクサ科の植物でトラデスカンチアに近い。匍匐するものと、立つタイプがありますが、匍匐するものの方がよく流通しています。匍匐して広がっていき、グランドカバーとして利用することが多いです。こんもりと丸く仕立てるのも簡単。寒さ以外は丈夫な植物です。
切り戻しをしましょう
芽の先を、切り戻すと脇芽が出てコンモリと丸く可愛くなりやすいです。また、切った枝は土に挿していると株が増えます。
写真はカリシアレペンスです。ここではカリシア全般のことを書いています。
まとめ
●乾燥に強い。水のやりすぎに注意。
肥料は控えめ。
●寒さに弱い。霜に当たると枯れる。
●日光を好むが、耐陰性があり、室内の明るい所なら育ちます。
●真夏の直射日光に葉焼けする。
スポンサードリンク

水やりと肥料

春から秋の水やり
乾燥に比較的強い方です。水をやりすぎると腐って枯れてしまいます。土が乾いてから水をやるようにします。多少、水やりの頻度は控えた方が無難です。土が濡れているうちは水はやらないでください。
●受け皿の水は捨ててください。
●水をやるときは、鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりと水をやります。しっかりと水をやることで中の老廃物と古い空気を押し出す目的もあります。
●夏は高温多湿で、蒸れて下葉から枯れ込んできます。カリシアは多肉植物で乾燥に強いので、水は控えましょう。
●水をやりすぎると、カリシアは徒長します。
●水のやりすぎで徒長するなら、土への水やりを控えて、霧吹きで葉っぱに水を供給するようにします。

冬の水やり
冬は生育が鈍くなり、気温が低くて蒸発量も少ないので、水やりの頻度は控えます。水を控えれば越冬はいけます。水やりが多いと根が腐ってしまいます。ただ、冬は空気が乾燥していて、土に水やりばかりをしていると、土には水が残っているのに地上部がカラカラという状態になります。そこで土への水やりを控えて、霧吹きで葉っぱに水を供給するようにします。
肥料
春から秋の生育時期に緩効性肥料を二ヶ月に一回程度やるか、薄い液体肥料を二週間に一回程度やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


植え替え時期は春から夏。冬には寒さで枯れることが多いので、春に植えて、匍匐して伸びてグランドカバーとして利用するイメージ。用土は市販の多肉植物の培養土を利用します。庭植えでも鉢植えでもいけますが、庭植えで植えた場合は、冬の霜で枯れることになりますから一年草扱いになります。
根詰まりする前に植え替え
根詰まりすると下葉から枯れ込んできます。毎年か二年に一回は植え替えをします。植え替えるときは、根をさばいて小さくして、地上部も刈り込んで植え替えれば、小さくまとまります。大きくする場合は、大きな鉢に植え替えをすれば大きな株になります。
水挿しでも
根詰まりで株が枯れ込んだり、冬の寒さで枯れてしまったら、生きている枝のところを水に挿しておいて、発根させて株を増やすことができます。発根は簡単です。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

寒さに弱い
耐寒温度は5度。霜に当たれば枯れてしまう。霜が降りる地域では冬は室内で管理しないと枯れます。霜が降りる地域では室内のできるだけ日当たりの良い場所で管理します。
耐陰性があるが、基本的に日光を好む
多少、日当たりの悪い場所で管理しても、なかなか枯れませんが、基本は日光を好みますし、日光をしっかりと浴びれば、カリシアレペンスは桜色になるので、日にしっかりと当てた方が良いです。
ただし、真夏の直射日光は葉焼けを起こしますので、真夏は半日陰や日陰で管理するようにします。
●室内でも、窓があれば生育します。
●ただし室内で管理していると日光不足で徒長(間延び)してしまいます。徒長していたら、日光が足りないんだな、と判断してください。
●日陰でずっと管理していると枯れてしまいます。あくまですぐには枯れないというだけです。というか、日陰による影響が出るのが遅いだけです。

生育温度は20度から25度。

特徴・由来・伝承

中南米産のツユクサ科の植物。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

カリシアの関連記事

ツユクサ科の仲間


ツユクサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用