雲龍ツゲの育て方

MENU
TOP>モチノキ科>雲龍ツゲ
スポンサードリンク

雲龍ツゲ(雲龍イヌ黄楊(つげ)、スパイラルドラゴン )

雲龍ツゲ
科名モチノキ科
属名モチノキ属
学名Buxaceae Buxus
別名雲龍イヌ黄楊(つげ)、スパイラルドラゴン
みずやり水不要
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


枝が雲龍型(くねくね曲がった状態)のツゲ
原種イヌツゲが庭木や生垣に使われ、植えっぱなしでも大丈夫なものであるため、鉢植えにしても大変育てやすく世話を必要としません。
剪定もとくに必要ありませんが、形を整えたい場合などは、春先に剪定を行います。丈夫なため剪定も季節問わずにカット出来ます。
鉢植え、寄せ植え、庭植えと色々な用途で楽しめてます。
庭植えにすれば植え放しでも大丈夫です。
乾燥に強く、地植えの場合は特にみずやりは必要ありません。
地植え、鉢植えともに夏に雨が全く降らない場合などは土が乾燥でからからになっていたらたっぷりと水をあげてください。
寒い時期は鉢植えのため根腐れに注意してください。
寒さに強く、屋外でも特に防寒は必要ありません。
北海道でも大丈夫。耐寒温度マイナス20度です。
まとめ
● 特にみずやりは必要ありません。
● 寒い地域でも屋外にて特に防寒は必要ありません。
● 鉢植えにて盆栽のように育てることもできます。

水やりと肥料

水やり
庭植えの場合は土がカラカラに乾いたら与えましょう。水をやりすぎると鉢植えの場合すぐに根腐れをおこしますので気をつけましょう。鉢植えの下に受け皿を置いている場合、水が溜まっていたら必ず水を捨てましょう。
肥料
追肥として肥料は初春に有機肥料を与えてください。
スポンサードリンク

植えかえ、挿し木

秋~春(最適期以外の時期も、鉢植えの場合は、根を崩さずに植え付ければ、年間を通して移植は可能です。)寒い地域は凍結防止のため、春植えをお勧めします。
植えかえ用の土は
排水のよい肥沃な用土を好みます。土は地植えの場合、山地であれば大丈夫。植え替え時に盆栽にするなら盆栽の土か赤玉土(中粒)に半量程度の完熟腐葉土を入れてください。
植え替えの仕方
鉢から株を取り出して根が病気になったり、根詰まりしたり、悪くなったりしているようであればきれいなカッターナイフで悪くなっている部分を切り取って乾燥させてから一回り大きな鉢に植え替えてください。特に根をいためない場合は、年中植え替えが可能です。
挿し木の仕方
適期は6月~8月です。
挿し木にはその年に伸びた新しい枝を使いましょう。
先端から10㎝程度の長さに切り、水揚げしてから土を入れた挿し木用の鉢に挿して下さい。
明るい日陰にて水を与えながら様子をみて、1か月ほどで発根します。

管理場所

耐寒性がありとても丈夫
耐寒温度マイナス20度まで北海道でも問題なく育ちます。
冬でも屋外で育ちますが、屋内で育てる場合は必ず風通しのよい日向におきましょう。
丈夫なので室内で育てる必要性はありませんが、室内で育てる場合は日当たりの良く風通しの良い場所で管理してください。また冷暖房の直接あたらない場所にて管理してください。
スポンサードリンク

その他

病害虫は特に心配いりませんが、ハマキムシが発生るすことがありますので、市販の薬剤を散布して下さい。。風通しが悪いとカイガラムシ、ミノムシが発生するときがあります。それぞれの殺虫剤を使って殺虫してください。

由来

くるくると螺旋状に空に向かって伸びることから竜のように見えるためそう呼ばれています。雲龍ツゲはイヌツゲの変異したものです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

モチノキ科の仲間


モチノキ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用