孔雀の舞の育て方

MENU
TOP>カタバミ科>孔雀の舞
スポンサードリンク

孔雀の舞(オキザリス・パルマ)

孔雀の舞
科名カタバミ科
属名カタバミ属
学名Oxalis palmifrons
別名オキザリス・パルマ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


小さな傘のような葉が密生
葉がとにかく美しいオキザリスです。
夏は休眠し、稀に秋に白い花が咲きます。
基本的には手入れする必要がありませんし大変育てやすいが、成長期、休眠期に合わせた管理をすることが大切です。
乾燥につよいので、庭植え、地植えの場合水やりはほぼいりません。鉢植えで育てる場合は、表面が乾燥したら水をあげてください。
オキザリス全種は「丈夫な球根植物」として庭植え、地植え向きの植物として人気です。
休眠期は初夏~夏にかけて
この時期は葉が枯れ始め最後には葉がほとんどなくなります。株を増やしたい場合、この時期に球根を掘り出して新しい鉢に植えてあげると良いでしょう。その後、秋から冬にかけてまた葉がでてきます。
ふえすぎに注意
放置しすぎると増えすぎることがありますので冬に適度に株、球根を取り除きましょう。

まとめ
● 寒さ、暑さに強く庭植え、地植えでも大丈夫。
● 休眠期初夏~夏には株がほぼ枯れます。
● 球根が増えるのでそれを植え替えし、増やしていきます。
● 稀に白い花が秋に咲きます。
● 庭植え、地植えの場合水やりはほぼいりません。
● ふえすぎに注意

水やりと肥料

みずやり
乾燥に強く、めったなことでは枯れません。しかし生育期(秋と冬)、開花期には、極端に乾かさないよう注意。土が乾いたらたっぷりと水やりしてください。休眠中は乾燥していてもかまいません。鉢植えの場合は土が乾いたら水やりをしてください。過度の水遣りや受け皿に水がたまったままになるなどすると根腐れを起こします。
肥料
肥料でも育ちますが、成長期に置き肥、または月2~3回液体肥料を施すと花数も多く、球根もよくふえます。
スポンサードリンク

植え替え、株分け

2~3年すると芽が混み合い、根詰まりで生育が衰えてきます。そこで、休眠中に生育が始まるまえに球根を掘り出し、株分けするような要領で植え直しをします。
赤玉土7、腐葉土3の配合土など、一般の草花向けの培養土が利用できます。毎年自然に球根がよくふえます。

管理場所

耐寒温度は零度以下で霜にもある程度は耐えます。
冬に屋内にいれなくても大丈夫。夏も直射日光にも耐えます。冷暖房の風は乾燥しすぎてどんな植物にもよくありません。鉢植えを屋内で育てる場合は冷暖房の風があたらないところで管理してください。

その他

病気はほとんど見られません。まれにさび病(葉に黄色や赤色のサビのようなものが付つく)がつくことがあるので、早めに予防、ついたら市販の薬で除去します。
クジャクサボテンとは違う植物です。孔雀の舞は多肉植物のように見えますがカタバミ科の植物です。

由来

パルマというのは「やしの木」という意味で葉が小さなやしの木の形をしていることからオキザリス・パルマという名前がつきました。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

カタバミ科の仲間


カタバミ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用