ユーフォルビア・ミルクトロンの育て方

MENU
TOP>トウダイグサ科>ユーフォルビア・ミルクトロン
スポンサードリンク

ユーフォルビア・ミルクトロン(白樺キリン)

ユーフォルビア・ミルクトロン
科名トウダイグサ科
属名ユーフォルビア属
学名Euphorbia mammillaris cv. Varieg
別名白樺キリン
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


まだまだ流通が少ない珍しい多肉植物です
みかけはサボテンのようでもサボテンではない多肉植物で冬には薄くピンク色に紅葉します。
一年を通して直射日光のあたらない場所で
一年を通して直射日光のあたらない場所で育ててください。性質も丈夫で育てやすい植物です。茎にはたくさん子供がくっついていますのでこれらを切り取って挿し木にすると簡単に増やせます。
寒さにはあまり耐性がありません
暑さにはある程度強いですが、寒さにはあまり耐性がありません。気温が10度以下になる場合は必ず霜や雪を避けて室内で育ててください。霜や雪にあたると枯れます。
水遣りの量と風通しに気をつけて
よく根腐れを起こすため休眠期は乾燥気味にします。生育時期の春と秋には表面の土が乾いたらたっぷり水やりをします。生育の止まる真夏と冬はさらっと湿るぐらいの水遣りで乾燥気味にします。
まとめ
● まだ市場に出回っていない珍しい多肉植物
● 冬の寒さに弱いので温度調節、湿度の調節が大事。
● 子株を切り取って挿し木にして簡単に増やせます。
● 切り口から乳白色の液体がでてきます。猛毒を含んでいますので注意。
● 多湿に弱いので水遣りは土が乾いたら。夏と冬は乾燥気味に。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは過湿を避けるようにして
春から秋には土が乾いたら水をたっぷりあげてください。土が完全に乾いてから2~3日後くらいに水遣り(目安は月に1~3回です。)
冬には休眠するので水を控えて、明るい室内で管理します。冬は土が完全に乾いてから水をあげてください。(目安は月に一回)土を乾燥気味に保ちましょう。
夏は水のやりすぎには注意しましょう。根腐れを起こしやすくなります。夏は土が乾いて白くなったらさらっと水遣りしましょう。
鉢の下のほうから根腐れを起こしますので受け皿に溜まったお水は必ず捨すててください。
肥料
3月から5月と10月ごろに追肥として置き肥を少量あげてください。高温期には肥料分が残らないようにしましょう。固形肥料などはほんの少しで良く、液肥は使うなら薄めて使う液肥などで追肥(1000倍液位) してください。
スポンサードリンク

植えかえ、挿し木

植え替えの時期は3-5月、10月ごろ。
買ったときに入っていた小さい鉢のままではすぐ根詰まりを起こしてしまいます。1~2年後に一回り大きな鉢に一回り大きな鉢に植え替えをしましょう。
土は市販のサボテン、多肉植物用の土か赤玉土3、鹿沼土3、軽石3、腐葉土1の配合土など、水はけのよいものを使います。
植え替えの仕方
古い根や傷んだ根はきれいなカッターナイフで取り除きましょう。このときに白い液体に触れないように注意し切り口を洗い流してください。液体が出なくなったら新しい土の入った一回り大きな鉢に植えましょう。
挿し木の仕方
新しい茎が増えやすい性質なので、茎を切り分けして増やすと増やした株が早く大きくなります。清潔なカッターナイフでわきから生えている茎を切り取ってください。その際、白い液体に触れぬよう注意し、よく切り口を洗いしてください。水の中に10分程度つけても構いません。切り口の白い液体をそのままにしておくと乾燥して固まり根が生えなくなります。その後、切り口をよく乾かしてから新しい水はけのよい土に植えてください。
スポンサードリンク

管理場所

春と秋、冬は日差しを確保しましょう。室内でも強い日光は避けて、レースのカーテン越しの窓辺のような場所が最適です。
冬は温度調節に注意
冬の寒さには弱いため、屋外で育てている場合には注意が必要です。霜や雪に当たると枯れてしまいますので10度以下に温度が下がる冬の間は屋内で育てましょう。また室内であっても夜間や暖房を使っていない時間など10度以下になると弱ります。発砲スチロールの箱をかぶせるなどの寒さ対策をしましょう。
夏は風通しと温度、強い陽射しに注意
暑さに強いが日本の高温多湿は嫌います。雨が当たるようなところ、空気がこもる様な場所は避け、屋外屋内ともに風通しが良いところで育てましょう。真夏の強い直射日光は避けた方がよいでしょう。遮光ネットなどで直射日光をさえぎってください。
冷暖房の風に注意
冷暖房の風は大変乾燥しています。その風に当たりすぎると株が枯れてしまいます。屋内で育てる場合は冷暖房の風に直に当たらない場所で管理してください。
スポンサードリンク

病害虫

蒸れや根腐れに注意→病気
水はけと風通しが悪く蒸れてくると病気になりやすくなります。さび病やうどんこ病が発生しやすくなります。
日当たりや風通しが悪いと害虫のカイガラムシが付きやすくなります。もし付いてしまったら、まず歯ブラシなどを使い取り除き、その後殺虫剤の散布を行います。

由来

全体的に白っぽいことから別名、その他の流通名が白樺きりんと呼ばれます。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

トウダイグサ科の仲間


トウダイグサ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用