四つ葉のクローバーの育て方

MENU
TOP>マメ科>四つ葉のクローバー

四つ葉のクローバー(シロツメグサ)

四つ葉のクローバー
科名マメ科
属名シャジクソウ属
学名Trifolium repens
別名シロツメグサ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


葉が枯れても茎根が生きる、生きる力の強い植物です。
耐寒性は強く冬越しも可能。
寒さに強く、夏の暑さにもある程度耐えます。万が一枯れても茎根が再生して来年また土から生えてきます。
庭植えは世話いらず、屋内では注意が必要
かわいいので室内で鉢植えにして育ててみたいですが、過湿になると病気になります。必ず窓際でしっかり日光にあててください。野生で生きていけるほど乾燥に強い植物ですので、冬が始まり気温が下がるころから、水遣りを控えめにしてあげてください。低温になると水分の蒸発も減り、根が水を吸い上げなくなります。そのため過湿気味になり病気になったり、カビが生えたりします。乾かし気味にして寒さに強い株に育てます。
類似品に注意
クローバーに似ているオキザリスカタバミ、デンジソウなどが「四つ葉のクローバー栽培セット」として売られていることがあります。
まとめ
● 寒さにつよく、枯れても茎根が再生します。
● 四つ葉のクローバーを多くつける三つ葉のクローバーが四つ葉のクローバーといわれます。その他はクローバーではありません。
● 花は寒さにあてないと咲きません。
● 室内で育てる場合は風通しを必ずよくして水は控えめに
● 植えることによって土に窒素をつくります。そのため肥料は特に必要としません。土を豊かにすることからコンパニオンプラントして用いられます。
スポンサードリンク

水やり

みずやり
庭植えの場合は特に水やりの必要はありませんが、鉢植えで育てる場合には、苗のうちは土の表面が乾燥したらたっぷりと水を与えます。冬には気温が下がりますので鉢植えに水を同じようにやると過湿気味になります。水は控えめに乾燥気味がちょうどよいです。
肥料は基本必要なし
マメ科の植物は、根粒菌によって窒素を作り出すことができます。そのため肥料は特に与える必要がありません。むしろ肥料をあげてしまうと、窒素がおおすぎて株が弱ってしまうので注意してください。

スポンサードリンク

植えかえ

種まき、植え替えの仕方
クローバーは4~5月か9~10月に庭土を10cmほど掘り起こした場所か鉢に
種をまくか、4~5月に苗を植えて育てることができます。苗を植える場合は、同様の土に、20~30cmと広めの間隔をとって植え付けるようにしてください。野生のものはスコップで株を取り出し土ごと掘って持ち帰って植えつけます。
挿し木の仕方
四つ葉を付けている株を挿し木にして増やすと、四葉が出現しやすい株に成長します。茎を切って地面に横たわらせるように植え、こまめに水やりをすると、1週間程度で発根します。
スポンサードリンク

管理場所

耐寒性は強く、庭植えは放置しても大丈夫。
かわいいので室内で鉢植えにして育ててみたいですが、過湿になると病気になります。必ず窓際でしっかり日光にあててください。

その他

害虫、病気
カビ・菌害、芋虫・アカダニ・アブラムシ害等があります。伝染源となることが多いので、市販の駆除剤にて対処してあげてください。
マメ科の植物は窒素を土の中に生みますのでコンパニオンプラントとして畑の土を豊かにする役割があります。田植え前に田んぼに栽培されているれんげが同じ豆科の植物の代表です。
スポンサードリンク

由来

四つ葉を見つけると幸運が訪れるという伝説があります。「四つ葉のクローバー/三つ葉のクローバーは1/10,000という確立です。
本物の四つ葉のクローバーとして園芸店で売られているものは四つ葉をつけやすい苗をもとに品種改良された「四葉をつける確立がより高い三つ葉のクローバー」です。クローバーに似ているオキザリスやカタバミ、デンジソウなどが「四つ葉のクローバー栽培セット」として売られていることがありますが、これらは三つ葉のクローバーの稀な変異体である四つ葉のクローバーではありません。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用