セアノサスの育て方

MENU
TOP>クロウメモドキ科>セアノサス
スポンサードリンク

セアノサス(カリフォルニアライラック)

セアノサス
科名クロウメモドキ科
属名ソリチャ属
学名Ceanothus
別名カリフォルニアライラック
みずやり水を好む
場所外の半日蔭
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


湿った場所では育てない
ジメジメとした環境、土(粘土質のみずはけの悪い)に弱く、日当たりの良く風通しがよい場所でやや乾燥した土を好みます。
寒さにはある程度強いが寒冷地では鉢植えで
南関東以南であれば庭植えも可能です。寒さの厳しい地方での庭植えの越冬は厳しいので保護が必要です。不織布等で木を保護しましょう。
寒冷地での庭植えの生育は難しいのでその場合、鉢植えにして楽しみます。
真夏は直射日光をさけましょう。
庭植えのため、避けられない場合は遮光ネットなどで遮光しましょう。
まとめ
●管理は日当たりの良い場所(夏は半日陰)。
●成育のために剪定、刈り込みが大事。
●水を好みますが乾燥気味の土壌で管理しましょう。
●関東以南では庭植えも可能、それよりも寒い地域では鉢植えで。耐寒温度よりも下がる場合は防寒対策が必要。
●環境に合えば丈夫な花で花つきもよく、庭植えならそれほど手入れを必要としません。

水やりと肥料

水やり
庭植えの場合は、特に乾燥したとき以外はみずやりは必要ありません。
鉢植えの場合は、表面の土が乾燥したらたっぷりと水を与えるようにしてください。成長期は水切れしやすくなりますのでできるだけたっぷり水をあげましょう。
肥料
植え替え時に緩効性肥料を元肥としてあげましょう。
開花後と9月に化成肥料か有機緩効性肥料をあげましょう。
スポンサードリンク

植えかえ

植え替え
植え替えの11~12月、3月に植え付けます。
寒い時期の植え替えはやめましょう。植え付け時には十分に水を与えます。
みずはけが良く、よく肥えた土を好みます
鉢植えの場合は、市販の配合培養土
赤玉土に川砂かパーライトを少し混ぜ、腐葉土を3割程度混ぜたような配合土を使用してください。
挿し木の仕方
夏に行うのがよいでしょう。7~8cmほどの枝を用意し、下のほうの葉をおとして、土などにさします。
土に挿した後は日当たりのよい場所で、午前中に水を与えましょう。

管理場所

寒冷地では鉢植えで
耐寒温度-5℃と言われていますので、関東以南の太平洋側の暖かい地域は庭植え可能、でも関東でも寒いところでの庭植えは寒さ対策が必要。不織布等で保護します。寒冷地は庭植えは不可です。
風通しがよく、日当たりの良い場所で
庭植えの場合、鉢植えの場合いずれも、風通しの良い、日当たりが良い場所で育てます。庭植えの場合、夏の西日、直射日光が強くあたる場合は遮光ネットなどで日よけしましょう。
鉢植えの場合
春から秋にかけて、よく日があたる戸外で管理します。
真夏は屋外の半日陰か午前中だけ日があたる場所で育てましょう。梅雨時期は雨が直接当たらない場所に移します。
冬は室内の日の当たる場所に置いて観賞します。

その他

害虫対策
4~9月に殺虫剤と殺菌剤を散布し、害虫予防をしましょう。
重い剪定
開花後直ぐに切り戻し剪定
内芽と外芽があります。剪定する時、必ず外側に伸びる外芽の約3センチ上で切ります。芽が生えている部分を落とすともう枝がでてこなくなりますので注意。
軽い剪定
落葉期の11~2月に、枝の刈り込みをしましょう。ふところ枝や枯れ枝などを切って形を整えましょう。過湿、害虫の予防と日当たりをよくするために行います。
注意:切り戻し剪定はより多くの花を咲かせることが目的のひとつとなりますから、花芽のつくられる時期と位置に注意して剪定をする必要があります。
害虫対策
4~9月に殺虫剤と殺菌剤を散布し、害虫予防をしましょう。
スポンサードリンク

由来

属名の Ceanothus はギリシャ語の「keanothos(アザミ)」からきています。パシフィックブルーと呼ばれる品種が代表的でいつくつかの品種があります。品種によって耐寒性に幅があります。
一般にいわれているライラックはモクセイ科ハシドイ属、リラとも呼ばれ、セアノサスとは全く違うものです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

スポンサードリンク
管理用リンク
管理用