バビアナ・セデルベルゲンシスの育て方

MENU
TOP>アヤメ科>バビアナ・セデルベルゲンシス

バビアナ・セデルベルゲンシス(ホザキアヤメ)

バビアナ・セデルベルゲンシス
科名アヤメ科
属名ホザキアヤメ属
学名Babiana cedarbergensis
別名ホザキアヤメ
みずやり水を好む
場所外の日なた
難易度初心者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


アヤメに似ていますが小さい
セデルベルゲンシスの葉っぱの形はアヤメやグラジオラスのように剣状で直立し、花は地際の葉の間からアイリスやアヤメのような薄紫の花を咲かせます。セデルベルゲンシスは花がフリージアにも似ており実際に品種的にも近いそうです。
夏は休眠
花が終わると葉が枯れ休眠期に入ります。このときに葉が黄色くなってから掘り起こし球根を保管して秋ごろに植え付けましょう。
冬にあまり強くない
セデルベルゲンシスは比較的寒さに強い原種バビアナですが、寒さ対策は念のために行いましょう。
南関東以南の暖地であれば霜よけをすれば屋外でも冬を越します。霜よけ等の心配がしたくない場合は、移動できる鉢植えで育てたほうが無難でしょう。
水を好みますがあげすぎに注意
水を好みますがジメジメした場所が嫌いなため、水遣り後はみずはけがうまくされているか注意しましょう。
まとめ
●水を好みますみずはけに注意。
●分球させて増やしましょう。球根もよくつきます。
●冬は霜対策が必要。
●アヤメの小さい版でまとめ植えができます。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水を好みますがあげすぎに注意
庭植えの場合、土の表面が乾いてから与えるようにします。
鉢植えの場合は土の表面が乾いていたら、鉢穴から水がでるまでたっぷりと水をあたえましょう。
夏は午前中の涼しい時間、冬は寒すぎない時間にあげましょう。
鉢植えの場合、必ず受け皿に水が溜まっていないことを確認して、溜まっていたら水を捨てましょう。
肥料
植え付ける際、元肥に緩効性肥料、花が終わった後にカリウムの多い肥料を与えます。
11月から3月くらいまでの芽が出てからつぼみが出てくる頃に追肥として10日に1回程度、薄めの液体肥料を与えましょう。

植えかえ、植え付け

球根の植え付け時期は9~10月
寒くなる前に済ませましょう。鉢植えは毎年植え直す、庭植えは植え替えはあまりせず2~3年は植えっぱなしで大丈夫です。
分球の仕方
増やし方としては分球などをすることができます。花が終わっても葉をしばらくそのままにして球根をおおきくします。葉が半分くらい枯れてきたら、球根を取り出し、洗って日陰などに置いて乾かします。みかんのネットなのでぶら下げるのも良いでしょう。
球根の植え付け
球根は9~10月頃植えます。深さは2~5cmくらいの浅植えにします
地植えにおいては植替に関しては必ずしも毎年行う必要はありません。2、3年ぐらいごとに植え替えして、分球し、増やしましょう。
植え替えする場所は変えましょう
アヤメ科の花を植えていないところに植え付けましょう。鉢植えの土は植え替え時に必ず新しいものに変えるようにします。
直径が15センチぐらいの場所に目安として5つぐらいの球根を植えることができます。

土は?
市販の培養土か、赤玉土7:腐葉土3の割合のような配合土を使用しましょう。

管理場所

耐寒温度5度前後
半耐寒性で寒さにある程度あてる必要はありますが、霜にあたらないように注意しましょう。南関東以南の暖地であれば軒下に置いたり、霜よけ対策をすれば屋外で越冬可能でしょう。できない場合は、鉢植えにして屋内で育てましょう。屋内であってもある程度の寒い部屋にて管理しましょう。
芽がでるまである程度寒さのある日のあたらない場所にて育てましょう。それ以降は日当たりの良い場所で育てましょう。

その他

害虫、病気からの被害はほとんどありません。

由来

別名としてホザキアヤメといわれ、日本では異なった品種がバビアナ、ホザキアヤメとして総称され出回ることがあります。
ヒヒ(オランダ語でバビーナ)がこの球根を良く掘り出して食べていたからバビアナと呼ばれています。

スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

アヤメ科の仲間


アヤメ科の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用