アルブカ・スピラリス フリズルシズルの育て方

MENU
TOP>ユリ科>アルブカ・スピラリス フリズルシズル

アルブカ・スピラリス フリズルシズル(ナンジャコレ)

アルブカ・スピラリス フリズルシズル
科名ユリ科
属名アルブカ属
学名Albuca spiralis cv.Frizzle sizzle
別名ナンジャコレ
みずやり乾かし気味に
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

育て方


別名ナンジャコレという珍奇植物
春に芳香のある黄色の花を咲かせます。バニラのようなにおいだそうです。元気だと葉の巻きが強くなります。
冬に成長する、冬型球根植物
秋に植えます。寒さにある程度強いですが、霜にはあてないようにしましょう。屋外の軒先で育てましょう。秋~春は日当たりで、休眠する夏は涼しい日陰になるところで管理します。耐寒温度0度なので厳寒地では屋内へ。
乾燥に強く、過湿を嫌う
夏は断水し、秋になり土から芽が出始めたころから少しずつ水やりを開始します。
基本的に過湿は嫌いますので、秋~春の成長期であっても水やりは控えめにしてください。
まとめ
● 日光が少ないとカールが弱くなります。紫外線の強さで巻きが強くなります。
● 秋に球根を植えて、秋から冬にかけてが成長期
● 乾燥に強い植物なのでみずやりの回数は控えめに普通の植物の半分くらい。
● 水遣りや肥料が多すぎるとひょろひょろになって巻きが弱くなります。
肥料は特に必要なし。
スポンサードリンク

水やり

乾燥に強い植物
表面の土が完全に乾いてから水をあげましょう。量は少なめで普通の植物の半分くらいの量でよいでしょう。成長期も水やりは控えめに。みずをやりすぎて弱ってくるとカールがゆるくなります。成長期には週に2回ほど水遣り、冬の寒い時期は1週間に1回くらいが適当でしょう。
夏は断水しましょう。
冬型植物なので夏は蒸れてしまうことが多いため、完全に断水します。春から初夏にかけての花が咲き終わったころぐらいから水を控えていきましょう。
肥料は
土に元肥が入っている場合、特に肥料は必要ありません。あげすぎると根腐れを起こします。
スポンサードリンク

植えかえ

8月下旬~9月(秋の芽吹き直前)が理想
花が咲き終わって気温が25度を超えなくなったあたりが適していると思われます。植え替えのときに親株に小さな球根ができていればそれを分球し,土に植えて増やせます。
球根を切るスケーリングという方法
球根をたまねぎのように串切りカットにして分けます。その際に球根のてっぺんの部分(芽がでてくる部分)としたの部分が必ず残るようにカットします。カットした後、培養土の上に挿しましょう。土に挿すといずれ子株が出てきて増やすことができます。
自然分球
夏場に植え替えるときに分球して増やします。球根の頭が見えるか見えないくらい土に埋まるくらいの浅植とします。球根ができたらほりあげて保管するのではなく、そのまま土の下で夏越しさせましょう。
鱗片さし
鱗片が重なって一つの球根のカタチをつくります、この鱗片をぺりぺりと外してできたら無菌の土がはいった鉢に挿しましょう。このとき下の根がでる部分を必ず下にして土に挿しましょう。しばらくすると根が出て、小さな球根が作られます。
土は
市販の培養土か鹿沼土やボラ土、赤玉土など水はけの良い清潔な用土に草木灰を使い、緩効性肥料を元肥として入れて置きます。腐葉土堆肥などの有機質は使わない方がよいでしょう。
スポンサードリンク

管理場所

耐寒温度:0℃
アルブカスピラリス、フリズルシズルは冬は0℃以上の気温を保てるところで育てましょう。霜があたらない場所なら屋外でも管理できますが、寒冷地の場合、室内の暖かい窓辺で育てましょう。
夏場は涼しいところで
夏場は25度以上になって暑さにあてると弱って枯れます。枯れそうになったら元気になるまで、水をやらずに涼しい風通しの良い日陰で管理してください。
成長期の秋~春には、直射日光のあたる場所でしっかり陽にあてましょう。
日光不足や、風通しの悪い場所で管理すると葉の巻きが弱くなってしまいます。

スポンサードリンク

その他

病気、 害虫はほとんど見ませんが、時にアブラムシがつくかもしれません。ついた場合手で駆除して予防剤をまいておきましょう。

由来

普通のアルブカスピラリスより葉の巻きが強く、花も大きい。
フリズルとは英語で「とても縮れた、くるくる巻き」という意味です。市場にほとんど流通していない品種。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ユリ科の仲間


ユリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用