アジアンタム・ミクロフィラムの育て方

MENU
TOP>ワラビ科>アジアンタム・ミクロフィラム
スポンサードリンク

アジアンタム・ミクロフィラム(マイクロアジアンタム)

nophoto
科名ワラビ科
属名ホウライシダ属
別名マイクロアジアンタム
みずやり水を好む
場所室内
難易度上級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

育て方
アジアンタムと育て方は同じ。
●普通のアジアンタムよりもさらにチリチリになりやすい。
●育てるのは難しい。
●実質、購入時が美しさのピーク。手間をかけても、チリチリ→丸坊主→新芽が出る→ある程度復活→うっかりしてチリチリの繰り返しで、徐々に小さくなっていきます。
●寒さに当たると新芽が出やすい。よって春先によく新芽が出やすい。

育て方はアジアンタムと同じ。ただしミクロフィラムの方が育てるのは難しい。普通のアジアンタムですらチリチリになりやすいのに、これだけ葉っぱが小さいとさらにチリチリになりやすく、慣れている人でも高確率でダメにします。ところがチリチリに成っても、水をやっていると復活するので、なかなか捨てられない。

水やりと肥料

アジアンタムは乾燥を嫌、湿度の高い状態を好みます。土が乾ききる前に水をやるようにして、それ以外に葉っぱに霧吹きをかけて湿度が高い状態を維持します。水をやりすぎると根腐れも起こしますが、それは冬の話で、春から夏は根腐れより乾燥でチリチリになるリスクの方が高いです。
なので春から夏にかけては受け皿に水を貯めているくらいの方がチリチリのリスクを減らせます。
肥料
生育期間に液肥を二週間に一回程度やります。見た目に反して肥料を欲しがります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えるならば普通の培養土に川砂を入れて水はけを良くしてから植えます。植え替えは2年に一回程度。鉢底から根がはみ出したら根詰まりしそうなので、植え替えをしましょう。古い鉢から取り出したら、土を少し落として、黒い根は腐っているので、できるだけ取り除いてから新しい土で植え替えをします。
根詰まり
根詰まりすると新芽が出にくくなったり、新芽が出ても元気が無くなったり、色が薄くなります。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

アジアンタムはとにかく「高い湿度」を維持するのがコツ。ただ、これが難しいのです。以下のリンクも参考にしてください

寒さに当たったら枯れるので冬は室内。春から夏は戸外の日陰か室内の明るいところで管理します。
冷暖房の風に注意
冷暖房の風はすんごく乾燥しています。この風が直接当たるとあっという間にチリチリです。普通のアジアンタムですらチリチリになるのですから、ミクロフィラムはさらにです。気をつけましょう。
明るい部屋で
室内で育てると言っても、全然日光が入ってきていない部屋では日光不足になります。カーテン越しくらいなら日光に当てた方が葉っぱがよく茂るし、葉の色も濃くなります。ただ乾燥にはとにかく注意。

その他

新芽をアブラムシダンゴムシが食べます。湿度が高い状態を維持するのでナメクジも出ます。
もしもチリチリになったら
チリチリになってしまったら、チリチリになった部分を刈ってしまいます。見るも無残なイガグリ丸坊主になります。このイガグリ坊主に水をやって管理していると新芽が出てきます。高湿度を維持すれば復活しますが、それができたらチリチリになっていないわけで、これは相当に難しいです。
心が折れたら素直に廃棄する勇気を持ちましょう。

特徴・由来・伝承

葉っぱの小さなアジアンタム。ミクロフィラムは「小さい」という意味の学名で、アジアンタム以外の植物にも付いています。葉っぱが小さいことから「マイクロアジアンタム」という名前で売られることもあります。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ワラビ科の仲間


ワラビ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用