ニンジンガジュマルの育て方

MENU
TOP>クワ科>ニンジンガジュマル
スポンサードリンク

ニンジンガジュマル(人参ガジュマル)

nophoto
科名クワ科
属名イチジク属
学名F.microcarpa
別名人参ガジュマル
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


まとめ
●種類はガジュマルと一緒。
●育て方はガジュマルを参考に。
●土が乾いたら水をやる。
●土への水やりとは別に葉水を。
●生育期に肥料をやればよく茂り育つ。
●夏の直射日光は避ける。夏以外は日当たりへ。
●寒さに弱いので冬は室内へ。
●落葉しても枯れてなければ春には芽吹く。

ニンジンガジュマロという品種の植物はなく、通称というか商品名です。根元が人参のようになっているので、そう呼ばれるだけで、普通のガジュマロと育て方は同じです。
ニンジンガジュマルの仕立て方
ニンジンガジュマルはガジュマルの種子を発芽させて数年間育てた後、根が太くなったものを抜いて、根が見えるように植え替えたものです。挿し木で育てたものは気根が出づらい傾向があるのですが、実生(種子から育てたもの)ですので気根も出るし、数年間育てた根ですから、抵抗力もあり、育てやすいので人気があります。

水やりと肥料

水やりは土が濡れていたら
土が乾いていたら水をやります。土が濡れているようなら水はやらないでください。土がずっと濡れているようだと寝腐れします。ガジュマロは多湿の環境を好むので、土への水やりとは別に霧吹きで葉っぱに水をやります。
●葉水は大事なポイントです。

肥料
生育期に液体肥料を二週に一回か、緩効性固形肥料を月に一回やるとよく茂り葉の色も良くなります。
●落葉したり、弱っている時は肥料をやらない。肥料は弱っているものを元気にするのではなく、成長を促進させるだけで、弱っている時に肥料をやるとトドメを刺すことになる。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

市販の培養土か、観葉植物の土か、自作する場合は赤玉土腐葉土3を混ぜたものを使います。
定期的な植え替えを
2年に一回程度は根詰まりをしていなくても植え替えをします。土が劣化して、ニンジンガジュマロにとって質の悪い土になってしまうからです。もちろん、根詰まりをしているようならば植え替えをします。

管理場所・日当たり

日光を好むが真夏の直射日光には弱い
日光を好むので、春と秋は戸外の日当たりか室内の日当たり。冬は寒さに弱いので室内の日当たり。夏は直射日光に弱いので室内でカーテン越しの柔らかな日差しに当てるか、戸外の日陰や半日陰で管理します。
●日光を好みますが、耐陰性があり、多少の日陰でも枯れません。ですが、長期間、日当たりが悪いと徐々に弱って枯れますから、日当たり管理が基本です。

冬は室内で
熱帯の植物で5度以下になる枯れます。霜に当たれば一発で枯れます。冬は室内の日当たりで管理しましょう。冬の寒さに当たっても、完全に枯れていなければ春にはまた芽吹きます。

その他

カイガラムシが発生します。オルトランをあらかじめ撒いておくと良いです。

特徴・由来・伝承

ニンジンガジュマルはガジュマルを仕立て直したもので、人気のあるグリーンインテリアです。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

ニンジンガジュマルの日記

クワ科の仲間


クワ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用