センカクガジュマルの育て方

MENU
TOP>クワ科>センカクガジュマル
スポンサードリンク

センカクガジュマル(Chinese Banyan)

nophoto
科名クワ科
属名ガジュマル属
学名Ficus retusa cv. Senkaku
別名Chinese Banyan
みずやり水控え目
場所冬は室内 夏は外
難易度初心者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

まとめ
水やりは土が乾いてから。
●葉に霧吹きで水をかけてあげてください。
●あんまり流通していない。珍しい
●普通のガジュマルよし育てやすい。

育て方は通常のガジュマルと同じ。ガジュマルより葉っぱが丸く、肉厚で光沢があります。また普通のガジュマルより、耐陰性があり、耐寒性があり育てやすいです。

水やりと肥料

水のやりすぎ注意
土が乾いていたら水をやります。水が切れると下葉から黄色くなってきます。でもセンカクガジュマルを枯らす原因はまず「水のやりすぎ」が多いです。土が濡れているうちは水をやらないようにします。
冬は水を吸い上げる力が落ちています。土を触ったら乾いていても、鉢の中は十分に水分が残っていることがあります。これに水をやっていると冬の間に確実に寝腐れしますので、割り箸を土に突っ込んで中まで乾いているか調べるようにします。
冬の乾燥対策
冬は室内で管理します。センカクガジュマルは人が生活するような場所で管理することになります。すると暖房がかかっているので、空気が乾燥しています。すると土には水が残っているのに、葉っぱは水分が不足しているという状態になります。この時、土に水をやると根腐れします。そこで葉水をします。
葉水というのは霧吹きで葉っぱに水をかけて葉っぱに水分補給をすることです。
夏も葉水を
夏もクーラーで空気が乾燥しますから、葉水をします。
そもそもセンカクガジュマルは空気が多湿な環境の植物ですから、葉水は適した水分補給です。
肥料
肥料はなくても大丈夫ですが、春から秋にかけて液体肥料を二週に一回程度やるか、一ヶ月に一回化成肥料を置肥をします。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

観葉植物の土で植え替えをします。鉢の底から根がはみ出していたら植え替えをします。だいたい2年に一回程度になります。

管理場所・日当たり

日当たりを好みます。また耐陰性があるので、室内の明るい場所で管理すれば育ちます。センカクガジュマルに限らず乾燥した風は苦手です。冷暖房の風は非常に乾燥しているので、年間を通して冷暖房の風が当たらないようにしてください。

冬は室内で管理していて、春になって戸外に出す場合は、戸外の日陰→戸外の半日陰→戸外の日当たりへと順々に日光に慣らしてやるようにして移動させます。春は戸外の日当たりか、室内の日当たりで管理します。

真夏の直射日光にも負けない、らしいですが、葉焼けすると(私は)思います。夏は戸外の半日陰か、カーテンやヨシズなどで遮光してやります。夏の暑さには強いです。

秋は春と同じようにして戸外の日当たりか、室内の明るい場所で管理します。霜が降りる前に室内に取り込んでください。霜に当たれば枯れます。

センカクガジュマルは5度まで耐えます。5度は人が生活する場所であれば深夜でも下回ることはありません。

その他

病害虫は発生しませんが、カイガラムシアブラムシが発生するかもしれません。

特徴・由来・伝承

屋久島から尖閣諸島にまで分布するガジュマルの一種。葉っぱが普通のより丸く、耐寒性・耐陰性があることから、人気が出ているのですが、あまり流通していない。欲しい人はネットで見かけたら買ったほうがいい(2016年現在)。育て方はガジュマルと同じ。
匍匐する性質があり、横に伸びて、気根を伸ばして気根が地面に着くと、センカクガジュマルの幹を支える支持根になります。
●マルバガジュマルってのが流通しているんですが、センカクガジュマルと一緒じゃないかと。尖閣という名前が政治問題を思い起こすから避けたのではないかと思うのですよね。まぁ、あてずっぽうですよ。
スポンサードリンク

不具合報告・質問などはこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします(「てにをは」のミスでも)。また、質問や提案などなんでも投稿してください。 また投稿した文章はサイト内で使用することがあるので、そのことをご了承ください。
▼内容

センカクガジュマルの日記

クワ科の仲間


クワ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用