バジルの苗の植え方(プランター)

MENU
TOP>雑記>バジルの苗の植え方(プランター)
スポンサードリンク

バジルの苗の植え方

まとめ
●種子でも苗でもいいけど、苗が便利。
●ここでは苗のことについてまとめてます。
バジルの苗は1ポットに何本も苗が入っている。
●これをほぐして、バラして植える。
●プランター1個に三本を植える。

バジルは種子か苗か?

バジルを植えるなら断然「苗」です。種子だと安くてお得な気がしますが、あまり変わりません。まず「種子を使い切れない」です。100円ショップでもバジルの種子(量が少ない)を売っていますが、それでも余ります。また結局、間引くので苗でも種子でも最後の収穫は同じです。
●慣れてる人は種子。慣れていない人は苗から。

バジルの苗はココを見る


バジルの苗は黒いポットに入って売ってる場合が多いです。このポットの中に「何本もバジルがある(十本ある場合も)」ものが普通です(一本しか入っていない苗もあるけど)。そういう何本か入っているものを選んで買って、一本づつ崩してプランターに植えます。
●バジルの苗は100円から200円です。
●300円以上するものもありますが珍しい品種。
●何本、生えているかは苗にもよります。
イラストでは一本しか生えていない苗を「ダメな苗」と書きましたが、ほぐすのは面倒なので、一本苗をプランターに三つ植える方が楽です。

この一本一本を日に当て、水をやれば、大きなバジルに育ちます。これで種子1袋から育てたのと同じになるわけです。プランター1個で十分な収穫ができます。苗を植えるのと種子とで、あんまり大差ないってのはこういうことです。
スポンサードリンク

バジルの苗の土を崩す


バジルの苗を買ってきたら、ポットから外し、土を落とします。そして水洗いして、完全に土を洗い流します。根を傷めないように丁寧にしてください。

根が絡まっていますので、しっかりと流水で洗ってほぐします。株分けするときは、多少、根を切らないと株分けは難しいですから、少しは切りましょう。

株分けをする


株分けをします。

ほぐした根を広げて植えます。
土をかぶせてください。
65センチのプランターに3株(株間を20センチ)。植えた時は相当に心細いものですが、育ってくるとこのくらいに、株間を分けないと混み合ってしまいます。土と水が不足するんです。
●バジル苗1個には四本のこともあるし、十本ってことも。
●十本あった場合、苗1個からプランター3個か4個分になる。
●プランター3個も不要でしょう。不要分は廃棄する勇気を。

ほぐすのが面倒な場合
ほぐして株分けして、植えるのが面倒な場合、バジルのポットに生える数本の苗から元気なものだけを選んで、あとは間引きます。不要な株の地上部を切ってしまいます。悲しいかもしれませんが、間引くことで残された株の生育スペースを確保しシッカリと育てるには必須です。間引きしないと「とも倒れ」になります。
●面倒なときは一本しか生えていないバジルの苗を植えます。結局、一本苗の方が便利なんですよ。
スポンサードリンク

あとは普通に

あとは水を適度に与えて、日に当てて、育ててください。摘芯を忘れずに。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用