接ぎ木の仕方

MENU
TOP>雑記>接ぎ木の仕方
スポンサードリンク

接ぎ木をすることの利点

根が強かったり、虫に強かったりするがおいしくない果樹、原種や商品価値の低い木の根を使い、根だけほかの植物を使って台木にし、接ぎ木することができます。
台木専用の品種もある
病害虫に強く、発根力が強い台木専用の品種あります。特に野菜や果物用に専用の台木があります。
利点1 連作障害の防止
野菜の場合には同じ場所へ毎年同じ科の野菜を育てると連作障害が出やすい為、異なる台木に接ぎ木を施す事で連作障害を起こしづらくなります。
利点2 接木雑種をつくる
異なる品種の作物を接ぎ木した結果、変異などにより、生じた新種
接ぎ木苗は病害虫に強い、成長が良好とされています。
利点3 成長を短縮
一般に接木すると開花が早まります。果樹などは実がなるまでの年数を短縮することも可能です。それは台木がある程度育ってるため、台木の質が良いためと、種や挿し木から育てる必要がないからです。
利点4 性質を向上させることができる
さし木から育った株は、種で育てたものよりも苗の質が悪いです。種で育てた台木に接ぐことによって、成長を向上させます。
利点5 背が低い植物を作る
樹木の高さを低くして(矮化)、収穫などの作業を行いやすくする。
スポンサードリンク

接ぎ木の仕方

ポイント1
接ぎ穂と台木は近縁な方が定着しやすいが、実際には同種ではない組合せもよく使われる。
ポイント2
ただ、台芽が伸びてくることがあって、それを放置しておくと、接いだ枝が弱ってしまうので、見つけ次第取り除く必要があります。
ポイント3 
接ぎ木は果物や樹木の苗に使われるのが一般的です。
例1:トマトでは「割り接ぎ法」「呼び接ぎ法」、
例2:キュウリやスイカでは「割り接ぎ法」「呼び接ぎ法」
例3:樹木では「呼び接ぎ法」切り接ぎ, 腹接ぎ

代表的な接ぎ木方法
腹接ぎは、台木途中から側面を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方で、やり直し可能。穂木は台木切り口に合うような形に切って形成断層を台木の形成断層と密着できるようにします。
切接ぎは、台木上端から側面を切り下げてできた形成層断面の間に穂木を挿入する接ぎ方。穂木は台木切り口に合うような形に切って形成断層を台木の形成断層と密着できるようにします。
呼び接ぎ
穂木を切り離さないで接ぐ方法。台木と穂木の形成層を密着させ、活着した後で、穂木下部をきる。
スポンサードリンク

接ぎ木後の管理がかぎ

接ぎ木作業の後の養生(台木と穂木が傷と傷を活着させる(癒傷組織)の癒合)期間の管理が大事です。野菜や園芸品種の接ぎ木を行なう農家では管理法が確立されていて、気温や湿度などが最適に調整されます。
●出来るだけ多く光に当てましょう。
●少し湿度がある状態で管理すると傷が早くつきやすい。ビニールテープなどで撒くと固定とともに傷口にある程度の湿り気をもたらします。
●接ぎ木前は苗の水や温度を控えて接ぎ木作業に臨みましょう。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用