ボトルツリーの育て方

MENU
TOP>アオギリ科>ボトルツリー
スポンサードリンク

ボトルツリー(ブラキキトンルベストリス)

ボトルツリー
科名アオギリ科
属名ブラキキトン属
学名Brachychiton rupestris
別名ブラキキトンルベストリス
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


写真は「クイーンズランド・ボトルツリー」です。ボトルツリーとして流通するのはこの品種です。育てやすい観葉。流通量が少なく、花屋で見かけたら買ったほうがいいかも。
まとめ
水やりはとにかく控えめに。乾燥気味管理。水をやりすぎると枯れる。
●冬はさらに控える。
●暑さに強いが寒さに弱い。
●秋は最低気温が10度以下になる前に室内へ。
●育てやすい部類だけど、初心者には水やりの具合が分かりづらいかもしれない。

水やりと肥料

根元が太くなるのは水分を蓄えるため。よって乾燥に強い植物で、多少の乾燥はなんともありません。逆に過湿に弱く、水をやりすぎると根が腐って枯れます。水をやる前に土を見て、濡れているようならば、水はやらないようにします。カラカラになってから(土が白くなってから)やるくらいでいいです。
水をやるときは鉢の底から水が出てくるくらいにやってください。受け皿に水が溜まっていたら、水は捨ててください。
●割り箸で土の端を刺してみて、濡れているかどうかを調べると尚いいです。
●ボトルツリーを枯らす原因は十中八九「水のやりすぎ」。

秋から冬は水を控える
暑い地域の植物で、寒くなってくると活動が止まります。冬は水を控えてください。土がカラカラのい乾いてから、2、3日経って水をやる程度に控えます。完全に水をやらないでいるとさすがに枯死しますよ。
●冬でも水をやるときは、鉢底から水がしみ出すくらいにしっかりとやってください。水を控えるのはあくまで「頻度」。
●冬は蒸発量が少ないので、なかなか土が乾きません。管理場所にもよりますが3週間に一回か一ヶ月に一回程度の水やりになる。
●冬こそ、受け皿の水は捨ててください。夏は蒸発が激しいので、受け皿の水を捨てる前に蒸発仕切ることがありますが、冬は蒸発しませんから根腐れを起こします。
●冬は朝に水をやるようにします。
●室温くらいに暖かい水をやってください。冷たい水をやると根を傷めます。
●冬に葉っぱが黄色くなってきたら、水のやりすぎ、根腐れを疑う。水を控えて、様子を見るか、末期的なら新しい観葉植物の土で植え替える。もしくは諦める。

肥料
生育期に液体肥料を二週間に一回か、固形肥料を一ヶ月に一回あげます。室内で管理する場合は、においのない液体肥料が便利です。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き


鉢底から根が出ていたら植え替えを考えます。目安としては2年に一回です。用土は観葉植物の土か、観葉植物の土にパーライトを1割混ぜて使用します。自作する場合は赤玉土腐葉土3パーライト1です。まぁ一般的な観葉植物の土で十分です。
●鉢底には2、3センチほど軽石を入れます。

管理場所・日当たり

暑さには強い
乾燥地帯の植物で暑さや直射日光には強いです。春から秋は戸外の日当たりか、室内の日当たりで管理します。ボトルツリーは日光を好みますが、耐陰性もあって多少の日陰でも問題ありません。室内の明るい場所でも生育はします。ただ、日光不足になるかもしれません。葉っぱが黄色くなったり葉の色が悪いようならば、日光に当ててください。
寒さに弱い
暑さに強いですが、寒さに弱いです。
13度以下で生育が鈍くなって5度以下で枯れます。最低気温が10度以下になるようならば室内へ入れてください。霜に当たれば枯れます。秋まで戸外で管理しても寒くなる前に室内に取り込んでください。9月中には室内へ入れるべきでしょう。
冬は室内の日当たりで管理します。この時暖房の風が当たらないようにします。
●寒さに弱いというのは「植物としては」という意味で、観葉植物としては普通、もしくは寒さに強い方。
●人が生活するリビングなどは昼間に暖房がかかっているので、深夜の冷え込む時でも5度以下になることはほぼ無い。そういうところで管理しましょう。
●ただし、窓の近くは寒波が来ると氷点下になる。氷点下になる夜は部屋の中心へ移動させる。

寒さで休眠
寒さに当たると落葉して休眠します。管理によっては落葉しないですが、落葉するものだと思った方がいいです。春になると枯死していなければまた芽吹きます。丸坊主になっても諦めずに水やり・温度の管理をしましょう。
スポンサードリンク

その他

乾燥するとハダニが発生します。ハダニは霧吹きを葉っぱにかけることで予防できます。
●白い糸が茎や葉にあったらハダニを疑う。

特徴・由来・伝承


オーストラリアに30種、パプアニューギニアに1種が分布しています。流通しているものに広い葉のゴウシュウアオギリ、細葉のクイーンズランド・ボトルツリーなどがあります。根本が肥大してトックリランみたいというか「ワインボトル」のようになるので、ボトルツリーと呼ばれていますが、ゴウシュウアオギリの根本は肥大しませんので、これが「ボトルツリー」として流通することはないです。実質、ボトルツリー=クイーンズランド・ボトルツリーですね。生育すれば20mになります。もちろん日本ではなりませんよ。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

アオギリ科の仲間


アオギリ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用