シランの植え替え、株分け、増やし方

MENU
TOP>雑記>シランの植え替え、株分け、増やし方
スポンサードリンク

土は?

用土は普通の培養土
腐葉土などが入った水はけのいい土を好みます。シランは市販している普通の「花と野菜の培養土」で植え付けをしましょう。

株分けの仕方

株分けは秋、バルブを三つ付けて
シランは地下球が毎年分球しながらふえていきますので放置しておくとどんどん横広がりに株が大きくなります。秋に掘り出して、植え替え(株分け)しましょう。定期的に(長くても3〜4年に一度)株分けしましょう。
秋に掘り出して、株を適当に分けます
細かく分けても枯れることはありませんが、植え替えた翌年も花を咲かせるならばあまり小さく細かく分けず、バルブが三つはくっつくように分けます。 そのとき必ずどれかに芽がついていることを確認し、バルブ(球根)を分けましょう。分けるときは手で割るか、清潔なカッターナイフなどで切りましょう。
バルブが隠れる程度に
植えるときはバルブが隠れる程度に植え付けします。少々バルブが地上に出てきても大丈夫です。
芽のない古いバルブでも、植えておくとたいていの場合は発芽しますが花がつくまでに時間がかかります。また分球した後の残りの半端なバルブ(ひとつやふたつのバルブ)も植えておけば発芽しますが同様に花が咲くまで時間がかかります。

スポンサードリンク

タネまきは難しい

種から育てることができますが、分球よりも難易度が高く一般的ではありません。
種が弱いため、共生菌のラン菌とゆう菌の助けがなければ発芽しません。ラン菌があるのはランの花の根元にですのでそこに種をまいておくと、夏には小さな芽が出て約2~3年で開花します。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

雑記の仲間


雑記の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用