ルピナス・ピクシーデライトの育て方

MENU
TOP>マメ科>ルピナス・ピクシーデライト
スポンサードリンク

ルピナス・ピクシーデライト

ルピナス・ピクシーデライト
科名マメ科
属名ルピナス属
みずやり水控え目
場所外の日なた
難易度中級者向け
TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

マメ科の植物なので移植を嫌います。ルピナスの根は太い根が一本生える直根性です。この根が傷つくと成長不良を起こし、枯れてしまうこともあります。そのため移植は難しいです。ポット苗を植える場合も、土を崩さずにそのまま植えてください。

秋に種を撒くか苗を植えて、初夏まで楽しみ、夏には湿度で枯れてしまう一年草と考えてください。

水やりと肥料

湿度に弱いので、水は控えめにやるのがコツです。冬は特に水やりを控えてください。冬は土が乾いてから二日ほど待ってからやるようなイメージです。
寒さに強くマイナス5度まで耐えるのですが、土が凍ってしまうと根が痛み、枯れてしまいますので、水をやるときは午前中にやってください。夕方に水をやってしまうと朝方に凍って根を痛めてしまいます。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

水はけのよい土で植え付けします。市販されている花と野菜の土でもOKですが、これに川砂を混ぜて水はけをよくするとよいです。酸性の土は苦手なので、庭植えする場合は、植え付けする前に苦土石灰を混ぜて中和させてください。日本の土は放置しておくと徐々に酸性になります。

ルピナスの苗を植える時は土をくずさないで植えてください。長期間ポット苗の状態でいると根が成長して、植える時に傷つきやすくなります。苗は出来るだけ早く植え付けしましょう。また店頭で買うときも古い苗は避けてください。

管理場所・日当たり

日を好む植物で、日光が当たらないと花付が悪くなりますが、少々日陰でも問題なく育ちます。また寒さにも強く、マイナス五度まで耐えられるのですが、土が凍ってしまうと、根っこが傷ついてしまいますので、冬は夕方に水をやるのはやめてください。水が夜から朝にかけて凍って霜柱になります。

特徴・由来・伝承

ルピナスの矮性ものです。大きくなり、キツイ色合いの通常のルピナスを嫌う人はコチラがオススメ。切花としてもたまーに見かけます。小さくて、楚々としていて、色合いが淡く、柔らかで、形が丸いので、幼い子供のようなイメージの花です。

ルピナスの語源はラテン語の「lupus」=オオカミが語源。どんな土地でも育つ頑健さから、そう呼ばれるようになったとか。

古代から実が食用となっていること。

日本には牧草や…同じマメ科のレンゲのように、冬~春にかけて育てて栄養にする目的…のために輸入された。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

マメ科の仲間


マメ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用