シクラメンの葉組みの仕方・方法・コツ

MENU
TOP>シクラメンの管理>葉組み(シクラメン)
スポンサードリンク

シクラメンの葉組み


シクラメンは葉っぱ一枚につき、花が咲くんですが、咲かせるためには球根の上部に日光を当ててあげないと花が咲きません。葉っぱが勢いよく茂ると、葉っぱが邪魔して日光が球根に届かず、花が咲きません。9月以降に葉っぱが徐々に生えて、喜んでいると葉っぱばっかり生えて花が咲かないんですね。

そこで、球根上部に日光が当たる様に葉組みをします。
店で売ってるシクラメンが中央に花が寄っているのはそういうことです。
まとめ
●10月ごろに葉組みをする。
●上の葉っぱを引っ張って、下の葉に引っ掛ける。
●ツボミを上にあげて、中央に集める(市販のシクラメンの形をイメージして)。
●球根上部に日を当てないと花が咲かない。
●風通しを良くする。
スポンサードリンク

葉組みの目的

花を咲かせる
シクラメンに限らず、花は「花芽分化」を起こして、それが成長して花が咲きます。植物によって違うんですが、花芽分化には条件があって、例として「短日植物(日が短くなると花芽分化する)」「長日植物(日が長くなると花芽分化する)」というのがあって、シクラメンは球根に日が当たることが条件の一つです。
そこで、球根に日が当たる様に組み替えます。
風通しを良くする
葉っぱの下に小さな芽がニョキニョキ出て来て、鬱蒼と茂って風通しが悪くなると、湿気てカビて腐ってしまいます。

葉組みの仕方


葉っぱを組み替え、上の葉を引っ張って、下の葉っぱに引っ掛けて、蕾を中央に寄せます。それで球根上部に日が当たる様にします。邪魔だからって葉っぱは抜かないでください。難しくないです。完全に上部に穴を開けるのが理想ですが、そこまで出来なくても、うっすらハゲてれば十分です。
●葉組みは難しくないですが「綺麗に」仕立てるのは難しいです。やっぱり農家の技術はすごいのです。

葉組みの後は日陰に
葉組みをして、中央に日が当たる様になると、出て来たばかりのツボミが日に当たって傷んでしまうことがありますので、葉組みをした直後2、3日は日陰に移動させます。日陰でつぼみを慣らせてから、いつもの日当たりの場所に移動させてください。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用