2月のシクラメンは寒さと肥料切れと日光不足に注意

MENU
TOP>シクラメンの管理>2月のシクラメンの管理・手入れ

2月のシクラメンの管理と手入れ


2月は1年で最も寒い時期です。シクラメンは冬に出回るものですが決して寒さに強いわけじゃありません。とにかく寒さに注意。防寒の為に発泡スチロールやダンボールをかぶせるというのも考えます。ちゃんと日光に当てて育てていけば5月までしっかりと開花が楽しめます。
2月のまとめ
水やりは普通。底面給水の場合は、底に水がいつもたまっているようにする。
肥料をやる。肥料が切れると花が咲かない。
●日光に当てないと次が咲かない。
●寒さに注意。
●シクラメンが育つ温度は10度から15度。5度以下になると痛む。
スポンサードリンク

水やりと肥料

水やりは普通に
土に指で触ってみて土が乾いるような状態になってから2、3日経ってから水をやります。水をやるときは、土に水を注ぐようにしてください。水をやる頻度は環境や土の配合によって全然違いますので、「何日経ったから水をやる」というやり方はやめましょう。

水をやるときは鉢底から水が出るくらいにしっかりとやってください。真冬で寒いからってチョロチョロとちょっとづつやるのは球根が腐る原因になります。大事なのはメリハリです。
●水が切れると葉っぱがグッタリします。そこまで水が切れると復活するまで一週間ほどかかります。
●水が不足してくると、葉っぱにれるとモタっとしています。水が足りていると葉っぱに触れるとパリっとしています。

底面給水
シクラメンの鉢は大抵は鉢底に水が溜まる底面給水のものが多いです。底面給水は鉢の底に水をためていれば、不織布が水を吸い上げてちょうどいい感じにしてくれます。底に水が切れないように水を足してください。
肥料
二週間に一回、液体肥料をやるか、二ヶ月に一回固形肥料をやります。肥料が切れると花が止まります。葉っぱがあるのに花が咲かない場合は、肥料不足を疑います。意外と肥料を食うので、肥料をやっていても不足しているのではないかな?と思ったら、追加しましょう。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えはしません。

管理場所・日当たり

シクラメンは10度から15度なら生育します。5度以下になると痛みます。人が生活する場所はシクラメンには暑すぎです。

寒さに注意
2月は寒さが最も厳しい時期です。リビングなどの昼間に人が生活している場所でも、真夜中になると5度以下になるかもしれません。ヤバイ場合は発泡スチロールで囲んでしまいます。もしくはダンボールに入れます。ダンボールは意外と暖かいです。

会社などは土日に人がいなくなるので(ブラック企業じゃなければ)、土日に室温がダダ下がって枯れます。ほぼ間違い無いです。枯らさない為には家に持ち帰るか、どうにかしないといけません。まぁ、面倒だから諦めたほうがいいんじゃないかと思います。
日光に当てる
日光に当てないと葉っぱが減り、花が減ります。12月に購入したシクラメンも日光に当てていないともう花は止まります。日光が当たっている側ばかりが茂るので、定期的に回転させて満遍なく育つようにします。

しおれた花と葉っぱを抜く


花がしおれたら抜きます。ハサミで切ると切り残しが腐って病気になりますので、必ず指で摘まんでひねって抜きます。花を放置していると種子が出来ます。種子を取る場合はそのままにしておきます。不要ならば抜きましょう。
種子を作ろうとすると栄養が種子に回って、株が痩せてしまいます。

葉っぱも痛んでいたら抜きましょう。
葉組みをする必要もまだある
昨年から育てているシクラメンはまだ葉組みをしないといけません。葉組みがうまくいかなったシクラメンは花がチラホラとあちこちかた生えています。これを中央にまとめておきましょう。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

シクラメンの管理の仲間


シクラメンの管理の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用