2月のビオラ・パンジーの手入れ・管理

MENU
TOP>ビオラ・パンジーの管理>2月のビオラ・パンジーの手…
スポンサードリンク

栽培の特徴


2月は一年で最も寒い時期。ビオラパンジーが寒さに強いと言ってもこの寒さでは厳しい。花は止まり、生育は鈍くなります。それでも他の冬の植物に比べると水を吸い上げる力があるので、水切れに注意しましょう。
まとめ
●土が乾いたら水をやる。水やりは午前中に。
●水のやりすぎには注意。
●出来れば霜に当てない方がいいです。
●寒さに当たっても、花が咲くタイプなら肥料をやる。花が咲かないなら肥料は控える。
●一年で一番寒いので、植え付けは無理にしない方がいいです。風邪ひきますよ。
スポンサードリンク

水やりと肥料

意外と水を欲しがる
指で触ってみて土が乾いていたら水をやります。水をやるときは鉢の底から水が出て来るくらいにしっかりと水をやってください。受け皿の水が溜まっていたら水を捨ててください。水をやり過ぎると根が窒息して枯れます。
水やりの頻度は日当たりや風通しや株の生育具合にもよるので、なんとも言えません。ぐったりする前に水をやりましょう。
●水をやるときは、鉢底から水が出て来るくらいにしっかりやり、土が乾くまでは水をやらないようにする。
●水やりで大事なのはメリハリです。
●寒風が抜ける場所で育てていると乾燥しやすいです。寒風はとても乾燥しているため。

水やりは午前中に
午後、夕方に水をやると、水が残って夜を越して明け方に凍ってしまいます。土の水が凍ると、根を傷めます。それでビオラ・パンジーが枯れることは(多分)無いですが、株が傷んで生育が鈍くなってしまいます。水やりは午前中にしてください。
肥料
普通のビオラ・パンジーは2月は寒さで花が少なくなります。2月は液体肥料を二週に一回程度やります。品種によっては寒さに負けずにガンガン花が咲きます。花が咲くタイプは一週間に一回程度、液体肥料をやります。

植え付け・植えかえ・種蒔き

2月は植え付けしても良い時期とされているんですが、あまりに寒いので無理してガーデニングすると風邪ひくかもしれない。そんなに無理して植えることはないと思います。

ただし、ホームセンターにはガンガン出品される。この時期の数少ないガーデニング材なので。

管理場所・日当たり

置き場所…霜について
霜に当たっても枯れないですが、霜に当たると生育はどうしても若干鈍くなります。それで枯れるわけじゃ無いですが、出来れば霜に当てない方がいいです。ま、普通は気にしないけど、当てない方がいいです。
庭植えならしょうがないですが。
●霜よけを!と書いてある本もあるが、普通はしない。面倒だから。

置き場所…風について
寒風はとても乾燥していて、冷たいので、これに晒されると、乾燥と冷気で縮みあがります。葉っぱの色が赤くなります。それでも枯れることは無いんですが、出来れば寒風が抜ける場所で管理するのは避けましょう。
庭植えならしょうがないですが。
置き場所…日当たり
日当たりが悪いと花が咲かないし、生育も鈍くなります。とにかく日に当てましょう。

その他

あまりの寒さに病害虫も発生しない。
問題は3月以降の気温が上がって来てから。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ビオラ・パンジーの管理の仲間


ビオラ・パンジーの管理の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用