ペラルゴニウムの育て方

MENU
TOP>フウロソウ科>ペラルゴニウム
スポンサードリンク

ペラルゴニウム(ナツザキテンジクアオイ)

ペラルゴニウム
科名フウロソウ科
属名ペラルゴニウム属
別名ナツザキテンジクアオイ
みずやり水控え目
場所外の半日蔭
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴


ゼラニウムの仲間です
ゼラニウムの仲間で育て方は近いです。ペラルゴニウムやゼラニウムは多種の品種があり、そこから多種の園芸品種が開発されています。

水やりと肥料

乾燥気味を好む。水のやりすぎに注意
どちらかというと、乾燥気味を好む植物なので、水のやり過ぎに注意してください。土が乾いていたら、水をたっぷりとやります。土が濡れているようであれば、水は控えてください。蒸れて傷みます。

植え付け・植えかえ・種蒔き


用土は市販の花と野菜の土(培養土)で植え替えをします。植え替えは春か秋にします。鉢から取り出し、古い土を半分ほど落として新しい土で植え替えをします。開花中の植え替えは避けます。どうしても開花中に植え替えをしなくてはいけないならば、土を崩さずにそのまま植え替えをします。
葉っぱが落ちて、ニョキニョキと伸びた先に葉っぱがちょっと付く状態になったら……
ゼラニウム、ペラルゴニウムを育てていると、茎だけがニョキニョキ伸びて先に葉っぱがちょっと付いた状態になります。解消方法は二つあります。一つは茎を挿木して株を作り直すか、伸びた茎が埋まるくらいに植え替えるかします。
もうひとつの方法は、切り戻しです。先をちょっとづつ切って短く仕立てます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

日光が当たる場所が基本です。
冬は室内へ
耐寒温度は2度。霜に当たると枯れてしまいますので、霜が降りる前に軒下や室内に取り込んでください。広島だと軒下で越冬しますが、何年かに一回来る寒波で全滅します。
夏は半日陰
夏の直射日光と多湿に枯れてしまうことが多いです。ですが、風通しや品種によっては枯れません。結構微妙な具合です。

特徴・由来・伝承

ゼラニクムに近い植物ですが、一般的にはゼラニウムよりもペラルゴニウムのほうが賑やかな花を咲かせます。色合いも種類が多く、春には人気の植物です。

●ペラルゴニウムは春~夏にかけて咲く「一季咲き」、ゼラニウムは条件さえ揃えば季節を問わず咲く「四季咲き」です。
●ペラルゴニウムはゼラニウム属から分化した属なのですが、長い間「ゼラニウム」と呼ばれていたことから、流通上はペラルゴニウム属であっても「ゼラニウム」と呼ばれることが多く、店頭で「ゼラニウム」と表示されていても「ペラルゴニウム」のことがあります。といっても育て方は同じです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

フウロソウ科の仲間


フウロソウ科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用