7月のビオラ・パンジーの手入れ・管理

MENU
TOP>ビオラ・パンジーの管理>7月のビオラ・パンジーの手…
スポンサードリンク

7月のビオラ・パンジーの手入れ・管理


7月上旬はまだ梅雨。7月下旬は梅雨も明けて、本格的な夏になります。7月下旬の作業は8月の作業と同じですから、7月下旬を越せれば、実質8月も乗り越えたも同然。この夏さえ越せばあとは涼しくなるばかり。また庭植えするシーズンがやってきます。夏越しの最後の山場です。
普通に管理しても7月まで咲かないこともない
涼しい場所で管理すれば、夏越し目的ではなくても7月上旬の梅雨まで持たないこともないです。ただ、そこまでするよりは4月5月で夏用のガーデニング材に植え替えた方がいいですけど。
まとめ
●梅雨の時期は水やりを控える。
●梅雨の時期は雨の当たらない涼しい場所で管理する。
●梅雨が明ける7月下旬以降は、葉っぱから若干元気が無くなってから水をやるようにする。
●梅雨が明けたら明るい日陰の風通しの良いところで管理する。
●気温が30度以上になると、どんなに日陰の涼しいところで管理しても枯れるときは枯れる。
肥料はやらない。
スポンサードリンク

水やりと肥料

7月上旬
7月上旬はまだ梅雨。
水やりは控えめに。雨がよく振り、蒸発量が減っていて、水やりの頻度が減ります。土が濡れているようならば、水やりはしません。指で触って濡れているようならば、水やりはしません。できれば割り箸を土に挿して、割り箸が濡れているようならば水をやらないようにします。
梅雨が明けたら
梅雨が明けたら、今度は高温になり蒸し暑くなります。ビオラパンジーは高温多湿が苦手で、7月は夏越しの鬼門。ここを越えれば8月も超えられるでしょう。多分。
高温になって生育が鈍くなっていて、水をやっても吸い上げる力がありません。といっても水を切るとすぐにカラカラになって枯れてしまいます。だから水は定期的にやらなくちゃいけません。水やりの頻度は控えるんですが、やっぱり水は必要なわけです。

で、問題は「どのくらいの水やりの頻度か?」ってことになります。

ビオラ・パンジーの葉っぱがちょっと元気がないくらいになってから、水をやります。多少しおれても水をやれば吸い上げて復活しますので、そのくらい控えます。
水をやるときはシッカリと
梅雨や夏であっても、水をやるときは鉢の底の穴から水が出るくらいにやります。大事なのはメリハリです。水をやるときはシッカリとやって、そのあとは乾燥するまで水をやらない。毎日ちょっとずつ水をやるのが一番「腐って枯れやすい」です。
肥料
肥料はやらないです。
肥料は生育を促すもので、生育がほとんど止まるこの時期にやると腐りやすくなるだけです。

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え替えることは無いです。
次に植え替えるのは9月か10月です。

管理場所・日当たり

梅雨の時期は雨を当てないように
梅雨の時期は雨に当たらないように、軒下なでの雨が当たらない、風通しの良い場所で管理します。できれば日が当たる方がいいので、半日陰がいいですが、一番大事なのは「雨が当たらないこと」です。雨が当たらない場所には多少日が差さないとしても、雨が当たらない方が優先です。雨ざらしになったらアウトだと思ってください。
梅雨が明けたら明るい日陰に
梅雨が終わると気温が上昇し、昼間は常時30度以上になります。こうなると半日陰であっても、とにかく気温が上昇する場所ではビオラ・パンジーは生きていけません。明るい日陰に移動して、風通しの良いで管理します。
●7月以降は気温が上昇し、どれだけ日陰の風通しの良い涼しいところで管理しても、枯れる株は枯れます。これは確率だと思ってください。枯れてもがっかりせずに縁がなかったとスパっと諦めましょう。精神的健康によく無いです。もともと、ビオラ・パンジーを夏越しさせることが無理があるんです。

その他

切り戻す
7月・8月は気温が上昇し、株がほとんど生育しませんが、それでも多少なりとも生育します。放置していると伸びた葉っぱなどで蒸れてしまうので、観察して適宜、切り戻しをして、黄色く変色した葉っぱや黒く腐った部位を切除します。この作業をしないと、夏越しは厳しいです。
花も摘む
夏の暑さでほとんど株は生育を停止しているのですが、それでも花が咲くことがあります。花は咲き次第、いや、咲く前に摘んでしまいましょう。花を放置していると種子を作ろうとして株が弱ります。たださえ弱っている時期なので、危険です。この作業は必須です。

虫より腐敗を


梅雨は腐りやすい
梅雨になると湿度が上がって、ビオラパンジーには厳しい環境になります。腐らないように梅雨になる前にベンレート水和材を撒いておくと良いです。
ナメクジなどが発生
アブラムシが発生しますし、ナメクジも発生します。前もってオルトランをやっておくと良いです。株が弱ると余計に、虫が発生しやすくなります。これはもうしょうがないです。散布して駆除します。また、発見次第に殺します。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

ビオラ・パンジーの管理の仲間


ビオラ・パンジーの管理の仲間の一覧はこちらから
管理用リンク
管理用