11月のビオラ・パンジーの手入れ・管理

MENU
TOP>ビオラ・パンジーの管理>11月のビオラ・パンジーの手入れ・管理
スポンサードリンク

11月のビオラ・パンジーの手入れ・管理


11月はもう「冬」。霜が降りるし、地域によっては雪も降る時期です。ちなみに霜は明け方に4度以下になると降り始めます。霜に当たってもビオラパンジーは枯れませんが、作業するのが辛い時期ですから、植えるのは霜が降りる前までにしておきたいです。地域によりますが10月までに終わらせるといいです。といっても、11月にビオラ・パンジーを植える人はたくさんいるので、気にするほどのことじゃないですよ。ただ風邪引いてもしょうがないので、寒くなる前に終わらせておきたいですよね。
まとめ
●土が乾いたら水をやる。
●一週間に一回、液体肥料をやる。
●日当たりで管理。
●寒風に当たらないように注意。
スポンサードリンク

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやる
鉢植えにしても庭植えにしても、土が乾いていたら水をやるようにします。土が濡れているのに水をやっていると、根が腐って枯れてしまいます。あくまで土が乾いていたら、です。
冬の割に水を欲しがる
ただ、他の植物を育てたことのある人は分かると思うのですが、冬は寒さで縮こまって生育が止まり、水は必要ですが、水やりの頻度はかなり少なくなります。植物によっては一ヶ月に一回とか二週間に一回です。でも、ビオラやパンジーは冬の寒さの中でこそ生育するので、冬でも水をよく吸い上げます。何が言いたいかっていうと、他の植物の感覚で水をやっていると「水不足」になるんです。
水やりの頻度は気温・風通し・日当たり・土の配合・株の大きさによって全然違います。とにかく土を見て水をやります。
肥料
一週間に一回程度、液体肥料をやるか、一ヶ月に一回、固形肥料をやります。
花が咲くのはとてもエネルギーが必要です。肥料が切れると花が止まります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き



植えるのに適した時期
ビオラ・パンジーは20度以下で生育します。11月になると、暖地でもなければ最高気温は20度以下になりますから、ビオラ・パンジーを植えるのに適した時期になります。理想は霜が降りる直前に植えるようにします。霜が降りた後でも問題ないんですが、寒いから「人間」が辛いです。
●我慢すれば済む話なんですけどね。

用土
用土は一般的な培養土か、ビオラ・パンジーの専用土か、赤玉土腐葉土4を混ぜたものを使います。
鉢植えの植え方
鉢底に網を敷いて、土が流れないようにします。その上に軽石を2センチか3センチほど敷いて、その上に培養土を何センチか敷き、ビオラ・パンジーの苗を植えます。苗と鉢の間の隙間に用土を入れて、鉢をトントンと軽く叩きます。するとまた隙間で出来るのでそこに用土を入れて、隙間で出来なくなるまで繰り返します。最後に水をやって、鉢底から水が出てきたら成功です。
●株と株は15センチか20センチ空けます。

庭植えの植え方
ビオラ・パンジーは酸性土を嫌うので、植える二週間前までに庭土に石灰(苦土石灰)を混ぜて中和させます。また、植える前に堆肥を混ぜておきます。堆肥が完熟していないものならば、植える一週間前に混ぜ込みます。
そこにビオラ・パンジーの苗を植えていきます。
●株と株は15センチか20センチ空けます。
スポンサードリンク

管理場所・日当たり

絶対に日当たりで
日当たりで管理します。庭植えの場合は必ず日当たりに植えます。日光が当たらないと生育が止まり、花が咲かなくなります。咲いても少ないです。半日陰でも生育しますが、できれば一日中、日が当たる場所で管理します。
寒風に気をつける
冬の寒風に晒されると、ビオラ・パンジーは縮みあがりますし、寒風はとても乾燥していて、これに、ずっと当たっていると土が乾燥して水切れを起こしやすくなります。寒風が通らない場所で管理しましょう。

その他


摘芯をする
この時期に摘芯をして脇芽を増やしておくと株が大きくなり、花が増えて、春にはもっと沢山咲きます。

茎が伸びたら、葉っぱの根元から小さな新芽が見えるはずです。この新芽のちょっと上まで切ります。切ると、新芽から脇芽が出て葉っぱが増えていきます。ざっくりと半分ほど切り戻してもいいですが、一本一本、丁寧に摘芯した方が大きくなります。
●たくさんの株を管理している場合は、一本一本、摘芯していたら大変なので、ザックリでもいいです。外での作業は寒いから風邪ひかないように気をつけましょう。

病気
ほとんどないです。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ビオラ・パンジーの管理の仲間


ビオラ・パンジーの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用