ドラセナの剪定・植え替えなど育て方

MENU
TOP>リュウゼツラン科>ドラセナ
スポンサードリンク

ドラセナ(ミリオンバンブー)

ドラセナ
科名リュウゼツラン科
属名ドラセナ属
別名ミリオンバンブー
みずやり水控え目
場所日の当たる室内
難易度中級者向け
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12
開花
植え
肥料
スポンサードリンク

栽培の特徴

日光が当たる風通しのいいところで管理します。一定の耐陰性はあるのですが、日光が足りないと、葉っぱの艶がなくなったり、黄色く変色してきます。

真夏の直射日光には葉っぱが焼けて傷んでしまいます。真夏にはドラセナは明るい日陰か、室内の直射日光の当たらない場所へ移動させてください。

ドラセナは総称
ドラセナはリュウゼツラン科のドラセナ属全般を指す場合が多く、特定の観葉植物を指していないことがあります。幸福の木や青年の木(マッサンゲアーナ)、ドラセナコンシンネコルディリネも、店頭でドラセナとしか表記されないことがありますのでご注意を。

水やりと肥料

土が乾いていたら、水をタップリやります。水をやり過ぎて根を腐らせるのが最も多いパターンですので、気をつけてください。春から秋は土が乾いてから水をやります。でもドラセナの鉢が特殊な形をしている――例えば縦長で深いとか、水ハケの悪い土が入っていると、表面は乾いていても、中に水がタップリと残っていることがあります。割り箸を突っ込んで内部の濡れ具合を確かめると確実です。

冬は水やりを控える
また、冬は成長が止まり、水の吸い上げる力もなくなりますし、水を控えることでドラセナの耐寒性を上げることが出来ます。具体的には土がカラカラに乾いてから数日経って水をやる程度です。

水を控えると、ドラセナの中の水分が減り、濃度が高くなるために耐寒性が上がります。

水やりはメリハリ
夏でも冬でも、やるときは鉢底から染み出すくらいにタップリとやってください。冬に水を控える、というのはあくまで頻度。水の量ではありません。

参考:☆水やりのコツ
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

鉢底から根が出てきたら、植え替えを検討します。植え替え季節は春です。用土は観葉植物の土を売っていますのでコレで植え替えをします。この中には肥料も入っていますし、適度に水はけもいいです。

まず鉢から株を取り出し、土を半分ほど落として根をほぐしてから、新しい鉢に植え替えします。古い鉢の中に「発泡スチロール」が入っていることがあります。これは通気性、水はけ、鉢全体を軽く仕上げるという点で非常に優れている材料です。腐っていなければ、そのまま発泡スチロールを流用しましょう。

管理場所・日当たり

直射日光を浴びると葉っぱが焼けてしまいますので、室内の直射日光のあたらない場所で管理します。春から秋に掛けては戸外の日陰でも構いません。

室内が向いているのですが、あまりに日当たりが悪いと葉っぱが黄色くなったり、落葉していきます。この置き場所の具合(というか日光と温度の具合)が難しく、うまくはまれば、置きっぱなしで良いのですが、ダメだとトコトン合いません。

特徴・由来・伝承

一口にドラセナと言っても、多種あります。サンデリアナ・幸福の木・コンシンネ・リフレクサなど多種な観葉植物として人気のドラセナ。葉っぱがキレイで、幹が柔らかくて加工しやすいために、室内観葉植物として、病院や公共施設などでよく見かけます。

サンデリアナの葉をむしったものが「ミリオンバンブー」という商品名で見かけます。バンブーと名づけては居ますが、ドラセナの仲間で「タケ」ではありません。

ドラセナの名前はドラセナの仲間「竜血樹」が幹に傷をつけると赤い樹液を出したことから「ドラゴンブラッド」と呼ばれて、それがドラセナの語源になったと言われています。
スポンサードリンク

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

ドラセナの関連記事

リュウゼツラン科の仲間


リュウゼツラン科の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用