3月のクリスマスローズ(開花の盛り・花ガラを摘む)

MENU
TOP>クリスマスローズの管理>3月のクリスマスローズの管…
スポンサードリンク

3月のクリスマスローズの管理と手入れ


ほとんどのクリスマスローズが開花する時期です。3月にホームセンターや展示会や即売会で売っているものを見て、3月4月に植えれば、来年はその花が3月に咲きますから、イメージしやすいです。3月は植え付け・植え替えも可能…クリスマスローズとしては2月でも植えるのは問題ないんですが、2月の屋外の作業は寒すぎて風邪ひきますから、3月がいいです。
まとめ
●土が乾いていたら水をやる。
●晴れた日の午前中に水をやる。
●開花が終わったら、カリの多い肥料をやる。
花ガラを摘む。
●霜に当たらないようにする。

水やりと肥料

土が乾いていたら水をやる
3月になると気温が上昇し、土の中の水分も蒸発しやすくなります。それにクリスマスローズとしては生育に適した気候です。3月はこれまでより、水切れしやすいので、よくよく注意して水遣りをします。庭植えでも、水切れするかもしれませんので、よくよく観察してください。
庭植えの場合
これまでは自然の雨でほぼ十分でしたが、3月になると水切れしやすいので、気をつけましょう。晴天が続くようであれば、水をやってください。
庭植えの肥料
花が終わったら、カリの多い緩効性固形肥料をやります。カリをやるのは開花が終わった株の充実を図るためです。
鉢植えの場合の水やり
気温が上がり、蒸発量が増えて、クリスマスローズも活発に活動するために、水切れが起きやすいです。鉢植えは余計に土の量が少ないので、水切れしやすいです。これまでの感覚で水をやるとシナっとなるかもしれません。よく土を観察してください。
水やりは土が乾燥していたらやるようにします。土が濡れていたら水はやらないでください。濡れているのに水をやっていると、寝腐れを起こします。水やりは晴れた日の午前中にします。午後に水をやると、朝方に水が凍って根を傷めます。
鉢植えの肥料
薄い液体肥料を一週間に一回やります。ここでの肥料は、開花のためのものと、株の充実を図るものと両方です。もしくはカリ成分の多い緩効性肥料を一ヶ月に一回やります。
スポンサードリンク

植え付け・植えかえ・種蒔き

植え付け
新たに庭に植える「植え付け」もします。3月はほとんどのクリスマスローズの開花月ですから、この時期に展示会で「どんな花が咲くのか?」「どのくらいの草丈になるのか?」をよく確認して購入して植えましょう。ネットの写真はあてになりません。実際に目で見た方がいいです。

植え替え
3年経つと根詰まりを起こします。これを避けるために最低でも3年か4年に一回は、一回り大きな鉢に植え替えをします。植え替えは花が終わってからにします。

管理場所・日当たり

3月は暖かくなっているとは言っても、中間地や寒冷地ではまだまだ霜がおります。クリスマスローズは霜に当たっても枯れるわけではないんですが、花が痛むことがあるので、出来るならば霜に当たらないような軒下で管理します。軒下だけど日が当たるようにしましょう。半日陰でいいです。
スポンサードリンク

その他

花がらを摘む
花が終わってしぼんだものを「花ガラ」と言います。花ガラを放置していると種子ができます。ところが、花をたくさん放置していると、種子が半端に育ちますので、種子を採集するにしても、ある程度は間引いておかないといけません。なので花ガラを摘んでしまいましょう。

また、種子を採集しない場合も、種子を作ると株が弱りますので、花ガラはしっかりと摘んでしまいます。
有茎種は葉っぱが黄色くなってから
有茎種は茎がグンと伸びます。地面に近い葉っぱは光合成をあまりしませんから、有茎種の茎を花が終わったからとスパっと切ると、光合成ができず、枯死することがあります。花はむしっても茎は残して、葉っぱが黄色くなってから切ってください。
スポンサードリンク

SNS Button

TWEET Facebook はてブ Google+ Pocket

不具合報告はこちら

情報が間違っている場合は報告をお願いします。
▼内容

クリスマスローズの管理の仲間


クリスマスローズの管理の仲間の一覧はこちらから
スポンサードリンク
管理用リンク
管理用